ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











アリシア ドラグーン(MD)


◆1992年度作品 ◆発売元 ゲームアーツ
◆ハード メガドライブ ◆ジャンル アクションシューティング

 雷撃魔法と異形召還魔法の使い手である少女アリシアが
教祖ドルガーの野望を打ち砕くべく戦いに身を投じる
アクションシューティングゲーム。

alisia-dragoon01.gif

丁寧なゲーム製作で定評のあるゲームアーツが
ファンタジーな世界観で作り上げたギャルゲー。
ライフ制で、ヒットポイントが0になるとゲームオーバー。
主人公の操作は攻撃ボタンとジャンプボタンで行うという
基本的にはサイドビューの横スクロールアクションの
流れを汲んだゲームシステムで、攻撃手段として
全自動照準の稲妻とオプションモンスターがあります。

本作では2種類の稲妻攻撃と4匹のオプションモンスターを使い分けて
各ステージの敵に挑む攻撃システムとなっており
ここが他のゲームとはチョッと違う部分でもありますよ〜。

 アリシアの掌より放たれる稲妻は敵に自動で命中する
全方位全自動照準稲妻と呼ばれております。
ただ、アリシアの正面に飛ぶので
稲妻をぶっ放すのは敵のいる方に向いているのを確かめてから。
また、稲妻パワーゲージを最大まで溜めると
通常の30倍も強力で360度全方位を一度に攻撃できる
フルパワーアタックが撃てるのであります。

注意する点は、稲妻を撃つたびにパワーゲージが減少し
ゲージが0になると撃てなくなること。
パワーゲージは時間経過で回復するんだけど
連続で撃つのは限界があるので攻撃は休み休み行う必要あり。

alisia-dragoon04.gif

画面上部に表示されているのが
アリシアとオプションモンスターのステータスウインドー。
アリシアのヒットポイント、稲妻レベル、稲妻パワーゲージと
オプションモンスターのヒットポイント、レベル、モンスターパワーゲージ。

ちなみに、ヒットポイントの回復やレベルアップ等は
全てステージ内にあるアイテムを探して取ればできるようになっております。

 オプションモンスターには
4匹それぞれに特徴があり、各ステージの状況により選択。

alisia-dragoon03.gif

ファイヤードラゴン = 左右に火の玉を吐く。
バーニングスフィア = 盾となってアリシアの後方をガード。
サンダーバード = プラズマで敵を焼き払う。
ブーメランリザード = 背中のブーメランを飛ばして攻撃する。

とりあえず、攻撃が敵にヒットしてくれたらラッキー!! みたいな。
あくまでも補助的なモノと考えた方が良さそう。
なお、オプションモンスターはヒットポイントが0になると死にます。
復活のアイテムで蘇生できるけどレベルが1に戻ってしまうぞ。

alisia-dragoon05.gif

 さて、稲妻をバリバリ撃って敵をやっつける
アリシアドラグーンをプレイしてまず感じるのは
敵を狙う必要性が低いということ。
ただ、通常の雷撃は真上は ほぼ死角であり
真後ろの敵には振り返ってから攻撃しないと対応が遅れてしまいます。

その点、強力なため撃ちなら全方位をカバー可能。
手強い敵の出現位置等を覚えておき
前もってパワーゲージを満タンにしておく作戦が超有効であります。
場所によっては、ザコが次々に飛来するのでムリですけど
パワーを溜められる所では溜めておこう。

しかし、プレイヤーが照準を合わせる必要がないからラクチンだけど
その分やる事が少ないと言えば少なくアクション性は、チョッと低め。
そこは攻撃手段がシューティングなので仕方のない部分
それでいて敵を倒す爽快感はまずまず良好なんですけどね〜。
でも人によっては、やや単調に感じるかもしれないなぁ。

 とにかく本作で大事なのは
パワーアップ等のアイテム探しとパワーゲージを溜めること。
そうする事で敵に対してアドバンテージを保てるのであります。
もっとも、プレイヤーが主人公をちゃんと動かさないと
ゲームオーバーへの道をまっしぐらに突き進んでしまいますが・・・・・。

グラフィックもメガドラにしては良いし
ギャルゲーなので、その点は言うことなし。
稲妻パワーゲージの残量を気にしながらのプレイが本作の個性であり
これをプレイヤーどう受け止めるかってのも
評価する際に重要な要素であると思われます。




この記事へのコメント
メガドラのキャラゲーについては悪魔のごとき難易度を誇るものが多い気がしますが、コレは普通の難易度だった気がします。

自分は結構好きでしたね。
Posted by そうてん at 2010年02月01日 14:10
そうそう、メガドラって理由だけで難易度上げるな〜みたいな。
本作は難易度ノーマルだと中盤ぐらいまでは楽に行けますから手頃な難易度だと思います。
Posted by 管理人 at 2010年02月01日 19:06
やっぱ私はヌルゲーマーのようですねw
確かに、他のと比べたら難易度的にはマシでしたが、それでも個人的には苦労しましたw
あとBGMが良かったかな〜。
Posted by 二条ジョウ at 2010年02月02日 00:45
今回に限らずBGMには触れない傾向があるので書きませんでしたが、確かにBGMも良いと思います。
難易度的には、前半は楽だけど後半はイヤらしくなるので自分も大変でしたよ。
Posted by 管理人 at 2010年02月02日 19:24
この「アリシアドラグーン」が発売されたこともあって、ゲームアーツも「ゆみみみっくす」や「うる星やつら」、「だいなあいらん」といったギャルゲーを生み出すなんて、この当時は誰がそう思っていたのだろうか…。
Posted by マイケル村田 at 2013年04月05日 20:17
ゲームさえ面白ければどちらでもよい、と言いたいところですが
どっちみち動かすんだったらギャルの方がやる気が出ますからね。
Posted by 管理人 at 2013年04月09日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。