ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











パワーショベルに乗ろう!!(PS)


◆2000年度作品 ◆発売元 タイトー
◆ハード プレイステーション ◆ジャンル シミュレーション

 パワーショベルを運転して
与えられた仕事をこなす運転シミュレーションゲーム。
建設機械を製造販売しているコマツの協力を得て
タイトーのGO!シリーズに新たなる乗り物が登場。
言ってみれば、建機でGO!って感じかな。

power-shovel01.gif

 アーケードで稼動していたパワーショベルに乗ろう!!に
新モードを追加してプレイステーションに移植。
もしも建機マニアがいるとしたらヨダレ物のアイテムになることでしょう。
ちなみに、2本のスティックで操作するコントローラも別売されております。
※ HORIのコンパクトアナログスティックと同型で色は黄色。

 ゲームモードは
アーケードの移植版アーケード王
検定を受けて仮免許をとるゲッチュー免許皆伝王
自分でコースを作ってタイムアタック、やりたい放題王の3つ。
本作をプレイする上でメインとなるのはアーケード王なりますので
今回はこちらを紹介したいと思います。

アーケード王には
工事現場で仕事をする現場王
息抜きにミニゲームができるバイト王
出された課題をクリアする早さを競う速技王の3つがあり
いずれもパワーショベルを操作することに変わりはありません。

 パワーショベルの操作は
ブーム = 右スティック上下 or △、×ボタン。
バケット = 右スティック左右 or ○、□ボタン。
アーム = 左スティック上下 or 方向ボタン上下。
旋回 = 左スティック左右 or 方向ボタン左右。
L1、L2 = 左クローラ前進、後進。
R1、R2 = 右クローラ前進、後進。
※ クローラ = キャタピラ = 無限軌道。

制限時間内にノルマを達成しないとゲームオーバーなので
これらの操作は必然的に複数を同時に行う必要があります。
例えば、パワーショベルの上部を旋回しながら前進させながら
アームを前に伸ばしながらバケットを開放する。
このように一連の操作をスムーズに行えるようにならないと
時間切れとなってしまうのであります。

power-shovel02.gif

 現場王は難易度別に3つのコースがあり
与えられた仕事を制限時間内に終わらせれば次の現場へ。
砂利をトラックに積む、廃屋の解体といった内容で
実際の工事現場を彷彿とさせる作業を行います。
そして、クリアすると日当が支払われ
評価画面でプレイヤーの仕事に点数が付けられ評価されます。

power-shovel04.gif

 バイト王は求人広告の中から働きたい仕事を
自由に選んでプレイできるミニゲーム。
ミニゲームであるがゆえに
そのほとんどが非現実的でコミカルなモノばかりですぞ。

上の画像は、カレー調理、カメすくい
アスレチック一本橋渡り、ビリビリフェンス。

どれもこれもユーモアのあるミニゲームが9種類+α。
こちらもクリアすると日当が支払われます。
下の画像は現場王の給与支払明細書で
トラックにぶつけるなどのペナルティをしでかすと
情け容赦なく給与から差し引かれてしまうのでありますなぁ。

power-shovel03.gif

日当は、一般のゲームで言うところのスコア(得点)ですが
この日当(給与)はお金の役目も持っております。
つまり買い物ができるということで
コンティニュー回数を増やせるクレジットや
バイト王の追加ミニゲーム、速技王モードなどなど。
※ 速技王モードの値段が高すぎる〜。

 速技王はミニゲームのクリアタイムを競うモード。
バイト王でお馴染みのものだけでなく新規のものもあり
順番に挑戦していく内容になっております。
※ 画像を取り込むの忘れてました。

 さて、パワーショベルに乗ろうをプレイしてみると
これが、なかなか難しいのでありますな〜。
最初の頃はアームやブームなどの操作を間違える
初歩的な操作ミスが当然のように発生。

これは仕方のない部分としても、ある程度慣れてきた頃合では
アナログスティックでの操作時に斜めに入ってしまい
動かしたくない所まで動かしてしまったり。
例えば、ブームだけ動かせばいいのに
バケットまで一緒に動かしちゃったとか・・・下手なだけとも言う。
※ 方向ボタンや○×△□ボタンで操作すればこの問題はおきにくいけど
 やはり滑らかな操作を目指すならアナログスティックで。

 そして、ここら辺の技術的問題が解決したとしても
さらに大きな壁がプレイヤーの前に立ちはだかるのであります。
それは本作がシミュレーションである事に起因していると思うんだけど
難易度が高い仕事になるほど
非常に細かく正確な操作が要求されるってこと。

思わず、そんなもんできるかーっ!! と叫びたくなるぐらいに
複数の操作を、素早く、同時に、滑らかに、無駄なく。

だけど、ミニゲームの方はシンプルな分だけ
画面も見やすく遊びやすいので手軽に時間つぶしができます。
変なゲームが好きな管理人にはこちらが合ってるかな。

とにかく、建設機械を運転できるのが本作の最大のセールスポイント。
ジャンル的にもこの手のモノは
めったにお目にかかれないので希少価値はありそうですね。
電車でGO!の延長線上にある派生品ではありますが
普通のゲーム(シミュレーションも含む)に飽きたら
一度手に取って見るのも良いかもしれません。




この記事へのコメント
プレイした事はありませんが、中古ショップで買おうか買うまいかで悩んだ時期がありましたw

操作がちょっと複雑そうですが、慣れれば面白そうですね。
Posted by 二条ジョウ at 2010年01月27日 01:57
中古で買おうか買うまいか悩んで結論を先送り、しばらくして買いに行ったら売り切れ。
そんな失敗談に事欠かない管理人にとって本作は、クリアするには操作の慣れを通り越して職人技のレベルまで技術を高める必要があると思ってます。
でも難易度を目一杯下げれば割と楽にクリアできますけど。
Posted by 管理人 at 2010年01月27日 18:31
このバイト王モードにはバカゲーオーラを感じますね(笑)!?

操作が難しいのは、ゲームとしてはどうなんでしょう?個人的には子供でも操作できるモードでもいいんじゃないかと思います。

まあ、小さい子供のいてる親の意見でしょうけどね(笑)
Posted by gunchang at 2010年01月30日 00:00
モロにバイト王はバカゲーが多くて楽しめます。
その手のマニアの方にオススメの一品です。(笑)

それと難易度を下げるほど制限時間が長くなるから、しばらく頑張って操作に慣れてくればかなり進めますよ。
Posted by 管理人 at 2010年01月30日 22:53
おもしろそう
Posted by パワーショベル at 2011年11月02日 14:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139172321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。