ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











野々村病院の人々(SS)


◆1996年度作品 ◆発売元 エルフ
◆ハード セガサターン ◆ジャンル アドベンチャー

 天才と馬鹿は紙一重の差?!
破天荒な言動でもその名を知られ、写真週刊誌の常連となっている
自称天才探偵が主人公のアドベンチャーゲーム。

nonomura-byouin01.gif

悪名高き女好きの探偵「 海原琢磨呂 」。
ひょんな事から骨折して入院した「 野々村病院 」で
数日前に院長が変死したという話を耳にする。
自殺の線が濃厚であるが他殺の可能性も否定できない状況である事を
知った琢磨呂は興味を駆り立てられ
松葉杖をつきながら病院内での聞き込みを開始するのだった。

 数々のアダルトゲームを世に送り出してきたエルフが
セガサターンのX指定のレイティングで発売した移植作。
いわゆる18禁のゲームに分類されるものなので
一部に卑猥な表現が含まれております。
とは言え、そこは家庭用ゲーム機サターン
過度の期待は禁物でありますよ〜。

 ゲームシステムは
2つか3つの選択肢から一つを選ぶだけの
至極オーソドックスなコマンド選択式のアドベンチャー。
選んだ選択肢によりストーリーが分岐し
複数のエンディングに辿り着く、マルチエンディングを採用。
主人公が殺されるエンディングも多々あります。

でも、このバッドエンドを見るのも本作のような
アドベンチャーゲームの面白さの一つでありますなぁ。
しかも、その過程でムフフなグラフィックが・・・・・。

と言う事で、今回は野々村病院の人々をご紹介しましょう。

 独特の思考と大胆な行動力を持った主人公の海原琢磨呂は
看護婦にちょっかいを出しながら捜査を開始。
しばらくして正式に院長夫人から捜査を依頼され
大手を振って病院内を動けるようになります。
捜査を進める中で次第に浮かび上がってくる
院長の死の真相、となるわけですが
何の変哲もない昔ながらのアドベンチャーゲームなので
システム的に新鮮さは感じられません。

nonomura-byouin02.gif

 しかし、本作の魅力といいますか面白さの一つは
主人公の台詞回し等のおバカさ加減にあります。
かなり狙った設定でありクセがありますが
そこにプレイヤーが、ニヤリとなれれば第一の難関は突破ですね。
選択肢にも それは現れていて
選んだらバッドエンドに行っちゃうかも、と思いつつも
男の性には逆らえず、つい選んでしまう。

nonomura-byouin05.gif

もちろん、普通の選択肢もあるんだけど
特に変なのをいくつかピックアップしてみました。

変な選択肢を選んでも選ばなくても
ムフフなグラフィックが拝めることは拝めるのですが
より多く脱線したければ、心を鬼にして選択してみよう。

逆にまともな選択肢を選んでも良いわけで
選んだ内容により主人公が、正真正銘の馬鹿探偵になるか
あるいは一見馬鹿のふりをした天才探偵にもなれる。

こんな事ばっかりしていると、最後は。

nonomura-byouin04.gif

たまにはカッコいい所も見せないとね。

nonomura-byouin07.gif

 そんなこんなで、一生懸命プレイしていたのに
バッドエンディングになってしまった。
しかし、心配ご無用。
ゲームの最後に事件を解決するためのヒントを教えてもらえる親切設計。
ヒントを参考にして再度挑戦すれば、なんとかなるハズ。
これで第二の難関も突破可能となりますぞ。
とにかく、複数回のプレイは必要でしょうし やらなきゃ損ですから。

 X指定のアドベンチャーゲーム野々村病院の人々。
本作は操作自体は非常にシンプルであり
何処の選択肢で分岐するかに注意を払えばよいだけ。
台詞の音声もON,OFFが選べて早送りもできるので
スピーディーにゲームを進めることも可能。

だけど、多くの男性諸君が最も期待を寄せるであろう
グラフィックにおいては過激さはなく
ストーリーは探偵物なので男女の絡みもなし。
どちらかと言えば、台詞の中であちらこちらに見られる
放送禁止用語的な言葉の方が問題な気がするなぁ。

つまり、プレイヤーがするべきは、事件の解決なのであります。

無論、事件解決よりも寄り道の方が男心をくすぐる
煩悩直撃なのは言うまでもないですけどね。
主人公と他のキャラとの台詞の掛け合いに面白さを感じられれば
周回プレイも苦にならず楽しめること請け合いです。

知名度はあまり高くないゲームだと思いますが
突出した演出はないものの出来栄えとしては普通かな。
グラフィックも他の18禁もしくは、18歳以上推奨の
アドベンチャーゲームと比べても露出度は同程度で
可もなく不可もなく あっさりとした感じ。
難易度も高くないので途中で引っ掛かることもないでしょう。

 最後にオマケ画像を。

nonomura-byouin06.gif

良い子の目に触れてはいけませんので
自主規制で中央にモザイクをかけております。

えっ、余計なお世話でしたか?




この記事へのコメント
良い子じゃないので、モザイクいりませーんw

……なんて言ってみたりw
どうもあけましておめでとうございます。
ちょっと遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします。

しかし、野々村病院の人々とは。
風間愛はいいですよねw
Posted by 二条ジョウ at 2010年01月20日 23:25
↑上のコメントでとてつもない間違いを致しました!
風間愛は、野々村病院じゃなく、夜勤病○の方でした(汗)

すごい恥をさらしてしまったw
Posted by 二条ジョウ at 2010年01月20日 23:27
これ、確か実写映画化されてましたよね。当時は18歳未満だったのでレンタル出来ず、いざ18歳になったら無くなってました…

ゲームはゲームで興味をそそられますね。
Posted by 逆さ傘 at 2010年01月21日 15:07
二条ジョウさん、遅ればせながらあけましておめでとうございます。
今年も世間の流行に流されることなくマイペースで行きたいと思っております。
つまりはレトロゲーム万歳ってことですよ。

逆さ傘さん、実写映画があるとは知りませんでした。
どんな内容だったんでしょうね?
アニメ化なら元ネタと比べても、まだ違和感は少ないと思いますが実写版は想像もつきません。
Posted by 管理人 at 2010年01月21日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138494917
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。