ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ゾンビリベンジ(DC)


◆1999年度作品 ◆発売元 セガ
◆ハード ドリームキャスト ◆ジャンル アクション

 ゾンビが溢れかえる死霊の街を舞台に
事態収拾のために出動したエージェントたちが死闘を繰り広げるアクションゲーム。
元ネタのアーケード版の移植に、いくつかの新モードを追加。
ドリームキャストで、あの悪夢が蘇る。

zombie-revenge01.gif

各ステージの合間にストーリーが語られるデモシーンを挿入。
ゲームを進めていけば次第に今回の事件の真相が明らかになっていくという
よくあるタイプの演出が付加されております。
舞台設定が、セガのガンシューティングゲーム
「 ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 」に関連しているので
知ってる人なら「 あ〜アレね 」と思い浮かぶんじゃないかな。
BGMや効果音も似てるからなおさらです。

 ゾンビリベンジを大雑把に説明すると
ポリゴンの3Dで作られたステージで出現するゾンビを
制限時間内に倒し、矢印がでたらその方向に進める。
ステージでは武器や回復等のアイテムをゲットでき
ボスを倒せば次のステージへ。

例えるなら、その昔一世を風靡した
カプコンのファイナルファイトに代表される
ベルトスクロールアクションゲームを3Dにして
銃を使う攻撃を追加したリニューアル版!?

ともあれ、もう少し説明を書き加えておきましょうか。

 ゲームモードは
・アーケード版そのままのアーケードモード
・アーケード版をアレンジしたオリジナルモード
・戦いたいボスを選んでクリアタイムを競うVSボスモード
・対戦格闘ゲームが遊べるファイティングモード
・ファイティングモードで使うキャラを育成するミニゲームを
 ビジュアルメモリにダウンロードするトレーニングルーム。

ゲームの操作は、方向ボタン(アナログスティックも可)と
ガード、素手攻撃、武器攻撃の3ボタン式。
ボタンの同時押しや方向ボタンとの組み合わせで
多彩な技を繰り出せます。
初期装備の武器はハンドガンだけど
ステージ内にてショットガンやマシンガンを拾えば使えます。
ただし、いずれも弾数制限がありハンドガンのみ弾を拾って補充可能。

 大まかにゲームシステムが理解できたら
さっそくゲーム開始・・・と行きたいところですが
実は、その前にやるべき事があるんですなぁ。

ドリキャスの純正コントローラーだと
どうしてもボタンの同時押しがやりにくい組み合わせがあるので
オプションでボタンの設定を変更しないと使い物になりませんぞ。
初期設定では使われていないA、L、Rもフル活用して
同時押しで出せる技を登録しておくのがベストであります。

オプションでの変更さえ終われば
心置きなくゾンビ退治ができるってもんです。

 それでは、キャラクター選択から。

zombie-revenge02.gif

左から、スティック・ブライトリング、リンダ・ロッタ、毒島力也。
銃撃戦、肉弾戦を平均的にこなすスティック
肉弾戦はイマイチだが銃撃戦が得意なリンダ
銃撃戦より肉弾戦が得意な毒島
このように差別化されてます。

ちなみに、2人同時プレイ時に片方のキャラが死んだら
カウントダウンが終わるまでコンティニューせずに放置すると
ゾンビになってしまいます。

 キャラクター選択が終われば戦闘開始。

zombie-revenge03.gif

視点(カメラアングル)は、プレイヤーは操作できず
移動した場所により決まっているタイプ。
いや、これが、なかなか・・・・・場合によっては死角が発生!!
敵が何処にいるのか?見えない → 不用意に攻撃を食らう。
時折、こんな事例があったりします。

また、多彩な技を出せる → 操作が煩雑 → 意図しない動作を暴発。
これには、技を出した後のモーションが
完全に終了しないうちに別のボタン入力しちゃったりってのも
原因の一つではあります。
つまりは、適当にボタンを押すなって事ですなぁ。

まぁ、敵のいる方向にキャラが向いていないのに
焦ってボタンを連打し、攻撃が連続で空振り。
な〜んてのは自分が下手なだけなんでしょうけど
ダメージを受けた時の無敵時間ぐらいは欲しいですぞ。
ゾンビにボコボコにされた日にゃ
連続技が空振りするよりも切なく悲しかったりします。

それと、弾を撃ち尽くして肉弾戦しかできなくなると悲しさ2倍。(当社比)

zombie-revenge04.gif

 実際に技は豊富にあるので使い方次第では
有利に立ち回れるゲームであります。
ヒットするとライフが減る全方位攻撃は
多様は禁物だけど敵に囲まれた時に頼りになるし
前転攻撃は緊急回避にも応用可能であり
ダッシュとも併用して敵との距離をあけたい時などに重宝したり。

ただ、技が多い分使いこなすとなれば時間と労力が必要なわけで
面倒くさいと言えば面倒くさい気もします。
必要最低限は押さえておけばいいんだろうけど
結局、コンティニューに頼った力押しやってみたりして・・・。
どうやら、ここの管理人は努力するのが苦手なようだ。

 B級感たっぷりのオーラを身にまとったゾンビリベンジ。
少々理不尽な所と、見た目にもチマチマとした印象があり
爽快感も今ひとつ伝わってこなかったような・・・・・。
「 所詮B級なんだから、そこが良いんだよ。」って思えなくもないんですけどね。
今見るとグラフィックも粗いけどアクションゲーム好きなら是非!!
痛い目に遭ってください・・・じゃなくて
敵を痛い目に遭わせてください。

追伸、毒島の声はルパン三世の石川五右ェ門ですね〜。




この記事へのコメント
>B級感たっぷりのオーラを身にまとったゾンビリベンジ。

B級だから良いんです!!
A級のオーラをまとったゾンビものなんてゾンビものじゃない!!!

、、、とゾンビ映画をこよなく愛する自分の友人が熱く語っておりました(笑)
Posted by そうてん at 2010年01月12日 15:51
映画やゲームなどの楽しみ方はイロイロ。
近頃流行の長大なゲームにはないB級ならではの味わいってものがあります。
ただ、この手のゲームは好きだけど本作は個人的にいまひとつ集中できなかったなぁ。
Posted by 管理人 at 2010年01月12日 18:04
知り合いにどんなゲームかと聞いたら、
「ダイナマイトゾンビ」
だそうですw
ダイナマイト刑事に似てるとかでw
Posted by 夢箱 at 2011年05月06日 02:40
そんなゲームがあるとは、この世界も奥が深いですね。
Posted by 管理人 at 2011年05月08日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137853685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。