ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ファミコン改造 & その後


 ファミコン本体の塗装に夢中になったせいで
AV化改造が遅れるアクシデントに見舞われた事を
包み隠さず報告いたしました前回の続きです。

元々、テレビのアンテナ入力端子に接続するのが
スタンダードな紅白ファミコンをAV化して
ビデオ入力端子(ピンジャック)につなげちゃおうってのが
今回の改造の目的なのであります。
これにより、煩わしいRF接続とオサラバできるんですよ。

ただ、管理人には改造に必要な部品の選定とか回路図を描くとか
電子工作の設計に必要な知識が思いっきり欠けているため
改造に必要な情報は他のサイト様からいただきました。

AV化改造の情報が何種類かあったので
今回のファミコンの改造では、2種類の改造方法を選択。
それともう一つ、電源LEDを追加する改造も行いました。

本当は3種類のAV化改造を実行するつもりだったけど
地元では2台分しか部品を調達できず、う〜ん、残念。
田舎はこれだからなぁ
種類が少ない、在庫が少ない、価格が割高・・・と3拍子揃ってる。

 気を取り直して、改造工事に取り掛かるのでありました。

まず、ファミコンのAV化改造を行う前に
本体の基板が「 前期型 」、「 後期型 」のどちらなのか確認しておこう。

kaizou01.jpg

写真左が前期型。(古い方)
メイン基板と小さい基板の2つに分かれているのが特徴。
小さい基盤は電源部とRF出力に関連した部品がのってます。

写真右が後期型。(新しい方)
基板が一つにつながっているのが特徴。
電源とRF部は薄い鉄板でシールドされ、基板が少し長くなってます。
おそらく、FFマーク付きのファミコンは高い確率でコレでしょう。

 自分のファミコンが
新旧どちらの基板なのかが分かったら改造方法を選んでみよう。
ここでは、新旧の基板を両方ともやっつけちゃいますぞ。

それでは、後期型のファミコンから先にAV化します。
その理由は、部品点数が少なくて簡単そうだから。

こちらのサイトの、新しい基板用 を参照しました。

 VIDEO用に
電解コンデンサ 220μF ×1
抵抗 75Ω ×1
 AUDIO用に
電解コンデンサ 47μF ×1
それと
RCAピンジャック ×2 と
ビニールコードを少々。

半田ごて、ヤニ入り半田、ニッパー、ラジオペンチ
カッターナイフ等、必要な工具も準備しておこう。

参考にさせていただいたサイトでは
基板に直接 部品を半田付けした空中配線と
出力端子にステレオミニジャックが使われていますが
こちらはユニバーサル基板と
RCAピンジャックを使用することにしました。
部品が少なくシンプルなので
ユニバーサル基板を使う必要はないと思いますが
出来心で買ったから使わないともったいないので・・・。

ユニバーサル基板に抵抗と電解コンデンサを乗っけて半田付け。
ビニールコードは、映像用と音声用
そしてグランド用の3種類を半田付け。

kaizou07.jpg

出来上がりがこちら。
この基板をファミコン本体の隙間へ押し込み様子を見ます。
コレで大丈夫と判断したら
ファミコン本体の基板にビニールコードを半田付け・・・。

おっと、その前に
RCAピンジャックの取り付け穴をあけよう。
このファミコン本体では後方にある
コントローラーケーブルが出ている所の上に穴をあけました。

当初、3ミリのドリルを付けたピンバイスで穴をあけてから
シャーシリーマーで穴を広げる作戦でしたが
穴が広がりきらないうちにシャーシリーマーの先端が
ファミコン本体内部につっかえて、あえなく撃沈。
5ミリのドリルを手回しで、少しずつ穴が広がるようにしてあけました。

いや〜、思うようにはいかないもんだなぁ。

 穴あけが終わったら配線です。
ビニールコードは極力短めにとのこと。
おそらく長くするとノイズを拾うとか、信号が減衰するとか・・・
そんな理由があるのではないかと勝手に想像しております。

kaizou08.jpg

はい、なんとか組み込み完了。
カセットのイジェクト機構が、けっこうジャマでした。

kaizou12.jpg

これにて、後期型基板用AV化改造は終了です。
とりあえず、改造ファミコン(モノラル)と命名しておきます。

 続きまして、前期型基板のAV化です。

前期型は後期型よりも部品点数を増やさないといけないようです。
この前期型基板の改造も
部品の組み合わせにいくつかの方法がありまして
その中から、こちらのサイトの改造法を選んでみました。
サウンドを擬似ステレオで出力できるのが魅力です。

トランジスタ 2SC945(2SC1815でもOK) ×3
電解コンデンサ 16V10μF ×2
抵抗 180Ω ×3
抵抗 2.2K ×2
抵抗 15K ×1
抵抗 27K ×1
抵抗 100K ×1
RCAピンジャック ×3
ユニバーサル基板 ×1
ビニールコード 適量

 これは本気だしてかからないと完成しそうにありません。
公開されている配線図や写真を参考にして
各部品の配置を一つ一つ確認していくしかないですね。

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・

そして、かなりの時間を必要としましたが、なんとか出来上がり。
なお、コードは使わなくなったAVケーブルを切って利用してます。

kaizou09.jpg

 次に、RCAピンジャックの取り付け位置に穴あけ作業開始。
穴の間隔は15ミリにしてあります。
このファミコン本体では、側面に取り付けました。

今度は、部品とコードを半田付けしたユニバーサル基板を
ファミコン本体の隙間に押し込んで様子見。
「 よし、行ける 」と思ったら
コードを適度の長さに切ってファミコンの基板に半田付け開始。
間隔が狭いので、間違って隣も一緒にくっつけないよう
細心の注意をはらって行います。

kaizou10.jpg

コードが太かったので、重ならないようにテープで止めてみました。
コードがクロスしてると、その分厚くなって入りきらんがな〜
と言う状態に陥りますので。
また、ここでもイジェクト機構を避けるように配線しております。

kaizou11.jpg

完成品がこれ。
睡眠時間を削ってまで、苦労しながら作ったモノは愛着がわきますなぁ。
とりあえず、改造ファミコン(擬似ステレオ)と命名しておきます。


 電源LEDの追加については
こちらのサイトを参考にしました。
LEDだけでなくAV化についても記述されていて内容も充実。
十分すぎるほど参考になります。


 これにて、2台のファミコンのAV化改造ができました。
もう一台は、電源LEDを付けただけの小改造で済ませて終了です。

kaizou13.jpg

写真左は、少し黄ばんだノーマルのファミコン。
写真右が、上半身を白く塗装してLED(発光ダイオード)を付けたファミコン。

kaizou14.jpg

電源スイッチを入れると光るLED。
これだけでも、けっこう良くなった気がしませんか?


 いくつかのサイトを見て回りましたが
皆さんイロイロと工夫されてましたね〜。
今回の改造では、その人たちの行った方法を実践しただけでしたが
それでも かなり勉強になりましたよ。

 最後に・・・
改造ファミコンと他のファミコンとの
画像や音声の比較を行いました。
興味のある方は、こちらの別館 でお楽しみください。




この記事へのコメント
ファミコンに発光ダイオードって言うのもイキですね〜。
前期と後期によって改造方法が異なるとは勉強になりました。

それにしても迷彩色のファミコン、完成した後に見るとより一層かっこいいですね。
Posted by 二条ジョウ at 2009年08月06日 22:33
LEDが光るだけで、ちょっぴりリッチな気分になれます、たぶん。

大雑把に塗装した割には、けっこう様になってるように見える迷彩ファミコンも
細かなミスを修正しようとしてドツボにはまり、傷口を広げてしまった箇所があるのは、ここだけの秘密です。(笑)
Posted by 管理人 at 2009年08月07日 21:48
一連の記事を見て、

“俺もやるかっ”

と、思い至ったのはよかったんですが旧FCがどこに行ったのか不明で、現在実家を捜索中です(泣)

“捨てた覚えはない(BY 母)”

とのことなのでどこかにはあるんでしょうが、、、、
Posted by そうてん at 2009年08月12日 22:00
どこかに埋没したFCを探索中との事。
ちょっとした宝探しの気分を楽しめて何よりです。
ネットで改造方法がいくつも紹介されてるので、自分でお好みのをチョイスすればいいと思います。
Posted by 管理人 at 2009年08月13日 16:56
ユニバーサル基盤の裏側を見せてもらえませんか?
Posted by ヨット at 2010年11月09日 23:10
改造の参考にさせてもらったサイトに(リンク貼ってます)裏側の写真がアップされているので、そちらへどうぞ。
Posted by 管理人 at 2010年11月11日 17:36
できればお答えしてください。
私のファミコンは前期型でリンク先にありましたサイトでの改造をしたいと思っているのですが、なにせ初心者のため、回路図がよくわかりません。リンク先にサイト下にある解説では「映像はvideoとgndにつなぐ」と書いてあるのに、回路図ではvccにもつながっています。これはvccにもつないだほうがよろしいのでしょうか。3つ回路図で出ていますが、全部つなぐのでしょうか。回答、宜しくお願いします。
長文申し訳ございませんでした。
Posted by /orz/ at 2011年02月27日 18:47
自分も初心者同然なのであまり詳しくなくて我流の解釈の部分が大きいのですが
電源のVCCと
VIDEO、AUDIOが
それぞれのトランジスタに合流してから出力されているようです。
(AUDIOのRチャンネルは少し違ってますけど)

参考にさせていただいたサイト様の基板の写真をよく見て
部品のつながりを一つ一つ確認しながらノートに書き写し情報を整理していくと理解しやすいですよ。

それとですね、参考サイト様の写真にメモ書きした画像を記事の最後に貼っておきます。
何かの足しになるかも?
Posted by 管理人 at 2011年02月28日 21:14
わざわざ記事を付け足してもらい、すみません。ですが参考になりました。有難う御座いました。
追記・・・改造、うまくいきました。(^o^)
Posted by /orz/ at 2011年03月02日 18:49
申し訳ありませんが、前期型のRCAピンジャックはどのように配線されているのでしょうか?

RCAピンジャックの内側にOUTを繋いで外側のGNDはどこでもいいということなのでしょうか。それともこの場合は繋がないということなのでしょうか?

参考画像をメモに書いてようやく理解したのですが、この部分がわからなくて。もしお暇でしたらご教授、お願いします。
Posted by JJJ at 2011年03月06日 01:57
ご教授でもないのですが暇なので私がお答えします。簡潔に言うと、RCAジャックの内側にあなたが作られた回路のOUTを繋ぎ、外側にGNDを付けます。できるだけおわかりいただけるよう書きましたが、わかりましたか?
Posted by /orz/ at 2011年03月06日 12:07
>orz/さん
ありがとうございます。やっぱりそうですよね。いまいちよくわかっていなかったので。
Posted by JJJ at 2011年03月06日 22:14
僕も後期基盤をAV化しましたよ(*^-゚)v

抵抗は…ストック切れだったので、買いに行くのも面倒くさかったので家にあったもう使わないであろうアナログポータブルテレビの音量調節用の可変抵抗を使っちゃいました(笑)
Posted by HAYATO at 2011年05月04日 04:20
後期型は部品点数が少なくて楽に改造できたのがよかったです。
ところで可変抵抗使って大丈夫なんですかね〜、チョッと心配です。
Posted by 管理人 at 2011年05月04日 18:20
あ、可変抵抗を使ったのは画面輝度調整用にです(汗)

紛らわしい書き方ですみませんでしたm(._.)m
Posted by HAYATO at 2011年05月05日 00:38
はじめまして。
別館で、悪魔城伝説の擬似ステレオを聴いて感動しました。

さっそくステレオ改造をやってみたいのですが、上で紹介されている改造方法のリンク先(http://www.asahi-net.or.jp/~vw6h-keb/games/fc/fc_av/fc_av.html)が閉鎖されて見ることが出来ません。

改造法をご教示願えませんでしょうか。
よろしくお願い致します。
Posted by アストロシティ at 2012年03月20日 09:59
別館に新記事を書いときました。
後は気合で頑張ってください。
Posted by 管理人 at 2012年03月21日 22:12
年月が経ち、記憶が薄れているとは思いますがわからないことがあったので質問させていただきたくコメントをします。

ボクが参考にしようとして失敗したサイトではVIDEOから線をとっているのですが、こちらのサイトではそれが見受けられれないのですが、どちらからとっているのでしょうか?別館のほうにそれらしき記事も見当たらなかったので教えていただけると幸いです。
Posted by ネコモフ・ユユスキー at 2016年08月05日 02:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124783020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。