ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











PICO(ピコ)


 セガより『 キッズコンピュータ・ピコ 』の名称で1993年に発売。
後にセガトイズへ引き継がれ現在に至る『 幼児向け知育玩具 』。
遊びを通して幼児の考える力を伸ばすとか
ひらがな、カタカナを覚えさせるなどの知育を目的とした電子玩具の一種です。

絵本と同じようにページをめくって使うのが特徴的な
絵本ソフトと呼ばれる専用のカートリッジを本体に挿し
テレビ画面に映ったキャラクターをタッチペンやボタンで操作するのが
ピコの基本的な操作方法になっております。

絵本ソフトはアニメなどのキャラクター物が多いようで
ソフトにより、遊びに重点を置いたもの、教育に重点を置いたものと言った具合に
いくつかのジャンルに分かれてるそうな。

pico01.jpg

↑ の写真は、モデルチェンジが施され
2001年に登場した3代目のピコ。
名称も『 キッズコミュニケーション・ピコ 』に変更されました。
こいつは白と水色のツートンカラーバージョンです。

写真中央にある、いかにも軟弱そうな
半透明の青い部品はスタンドとして機能します。
なので、使用前に起こさないと、ピコがコケてしまいます。

 それでは、スタンドを起こして
ノートPCみたいに、ピコをパカッと開いてみよう。

pico03.jpg

幼児向けに合わせて? ヘタな字で書いてみました。

タッチペンとタブレットで、キャラの移動やお絵かき。
でかい赤ボタンは、決定やキャラの攻撃などのアクション。
4つの小さなボタンは、方向ボタンの役割。
ソフトによっては違いがあるかもしれませんが、ざっとこんな感じです。

 写真右上の黒い丸が並んでいる所はページセンサー。
絵本ソフトのページをめくれば
テレビ画面も次のシーンに切り替わるようになってます。

どうですか〜?
普通の家庭用ゲーム機にはない、目新しさを感じる?

pico05.jpg

↑ の写真を参考にどうぞ。
表紙の時は、全てのセンサーが隠れてますが
ページをめくった数に比例してセンサーが現れます。

こうやって、どのページを開いているかを判断しているんですなぁ。
いや〜感心感心。

 ・・・と、まぁ、こんな感じで
ピコの使い方自体はシンプルなので
小さなお子ちゃまでも特に問題ないでしょう。
後は、買い与えた絵本ソフトを気に入るかどうか?
すぐに飽きたりしないかどうか?
の方が大きな問題になるのではないかな。

しかし、自分が子供の時は、こんな玩具は無かったのに
今のお子ちゃまは恵まれてるんですかねぇ〜?

 ちなみに、2005年に
ピコとの互換性を犠牲にしてパワーアップを果たした新型機
アドバンスピコ・ビーナの発売を開始。
さらに、2008年、廉価版のビーナLiteを投入。
セガトイズは、まだまだヤル気十分のようです。


 ところで、何故ピコが我が家にあるのだろうか?
その理由は、お察しの通り
毎度おなじみのリサイクルショップ巡回の成せる業であります。

箱や説明書など、気の利いた物は一切無く
むきだしの本体とACアダプターのみ。
本体の動作確認用に適当に選んだ絵本ソフトを1本付けて
お値段は800円なり。

この金額では、私の好奇心を阻む事はできませんぞ。

でも、結果的には不燃ゴミが また増えた訳ですから・・・・・。

それにしても
他の地域でも、こんな金額で売られてるのかな?
だんだんピコが可愛そうに思えてきました。


 せっかくだから、捕獲した絵本ソフトも紹介するぜ。

すでに、お気づきの方もいらっしゃるでしょう
買ったのは「 キューティーハニー 」です。

注目すべき点は一つだけ。
幼児向けソフトにお色気シーンはあるのか?(笑)

 発売はバンダイ。
マップ画面を移動してミニゲームに挑戦する内容なので
知育的要素は、あまり無し。

pico06.gif

絵本ソフトのページをめくると
別のマップ画面がテレビに映し出されるようになっており
各マップでミニゲームや
買い物、ライフ回復のイベントを選べるんですな〜。

マップ内のハニーの移動は
タブレット上でタッチペンを移動させればOK。
移動先でタッチペンを押しつけるとミニゲームやイベントがスタート。
ミニゲームはライフ制で、ライフを回復できるイベントもあり。

pico07.gif

しかも、ページさえめくれば
好きな所から始められる自由度の高さはピコならでは。
何しろイキナリ、ボスとだって戦えるんですよ。

pico09.gif

ミニゲームはボタンで操作するので
タッチペンは素早く放り投げて両手をボタンの上に。

「 なんだか、操作がやりにくい。」

「 しかも、どのミニゲームもチープ。」

「 ワッハッハ、気にしない気にしない。」

流石に幼児向けソフト。
これなら、あのバンダイさんでも○○○○○。(自主規制)

 冗談はさておき
ピコは幼児向けなので、たぶん他の絵本ソフトも似たような物でしょう。










肝心な事を忘れてました。

pico08.gif

ボス戦前の変身シーンで、気休め程度にお色気が使われてます。

これではいけませんな、不合格!
もっと画像を高精細にして、それから・・・・・ピコじゃ無理だってば〜。



この記事へのコメント
ああ、、、またひとつ自分の知らないゲーム機(?)が、、、

しかしこの表現はWiiでは不可能でしょうしFC時代なら文句なしのお色気シーンですよ!!

あとは想像力あるのみ?
Posted by そうてん at 2009年07月05日 22:24
ピコは生粋のゲーム機じゃないけど、同じ穴のムジナみたいなものかな〜?

確かにFCなら十分すぎるほどのお色気ですね。
つい大人の目線で評価してしまいました。
Posted by 管理人 at 2009年07月06日 21:45
ピコ持ってます!!
まさかいまだにやってるひとがいるとは!!

小さいときはよくやりました。
映像というよりは直感で楽しむゲームだとおもうんですが、如何でしょうか?
Posted by SHU at 2012年01月09日 18:44
コレクション用に捕獲しただけで、いまだにやってるわけじゃないんですけど・・・。
それはそれとして、ページをめくって遊ぶ絵本ソフトや
ペンタブレットの操作など直感的に分かりやすいよう工夫されているマシンだと思いますよ。
Posted by 管理人 at 2012年01月10日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122801142
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。