ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ストライダー飛竜(MD)


◆1990年度作品 ◆発売元 セガ
◆ハード メガドライブ ◆ジャンル アクション

 前年に稼動を開始したカプコンのアーケードゲームを
セガの家庭用ゲーム機メガドライブへ移植したもの。
凝ったステージ構成と派手目の演出が好印象のアクションゲームです。

忍者を前身とした暗躍集団ストライダーズに所属する「 飛竜 」は
世界を牛耳る 冥王「 グランド・マスター 」を葬り去るべく立ち上がる。
常人を遥かに超える戦闘力を持つ飛竜は
「 サイファー 」と呼ばれる光の剣を武器に全5ステージを闘いぬきます。

strider-hiryu01.gif

縦、横にスクロールするサイドビューのアクションゲームで
ボタン操作は方向ボタンと攻撃、ジャンプの2ボタン仕様。
スライディング、天井や壁に張り付き移動も可能です。
ジャンプの高さや飛距離は常に一定
ジャンプ中の軌道修正はできないなど
昔のゲームらしくいたってシンプルな作りになっております。

 ライフ制と残機制を採用。
アイテムによる回復やパワーアップ
飛竜を支援してくれるオプションのロボットも付けられます。
オプションロボットは3種類あるのですが
場所によっては役に立ったり、立たなかったり。

また、プレイヤーのレベルに合わせて難易度が変わります。
(難易度EASYは変化なし)

それに、制限時間もあるので
のんびりとゲームをプレイする事はできませんよ〜。

 本作のステージは全長は短めだけど凝った作りが特徴で
急な傾斜、上下が反転、乗り物、トラップなどや
行き先(出口)が分かりづらかったりとか
これまでにはない大胆さがあって目新しく感じられました。

strider-hiryu02.gif

画像左、ヒョウ型のオプションロボット。
画像右、意味不明の言葉を吐きながら襲いかかるアマゾネス。

反面、敵キャラの配置は平凡かと思いますが
ゴリラ型ロボットのメカポン、中国3人娘
キャプテンひげ丸Jr、アマゾネス
はてはティラノサウルスまでが登場する様は、意外とイケてる?!
でも、どこかで見たようなキャラばかりなので
オリジナリティは低いけど
それをあまり感じさせずに進むテンポの良さはあります。

strider-hiryu03.gif

画像左、パワーアップして射程が延びたサイファー。
画像右、爆発に追われながらぶら下がり移動中の飛竜。
     ぶら下がり中にダメージを受けると落ちるので要注意。

 なお、ステージ間にストーリーが語られるシーンもあります。

strider-hiryu05.gif

配下に「 あのおかた 」と呼ばれているグランド・マスター。
最終ステージ 第3の月の都にて待機中であります。

 当時の家庭用ゲーム機としては
16ビットCPUのメガドラの性能で
キャラクターも大きめの迫力あるゲームが楽しめた一本。
操作感は やや大雑把ながらダイナミックなゲーム展開に
魅せられるアクションゲームの優良作です。

とにかく、ステージの仕掛けなど
気をつけなきゃいけない箇所を覚えて対処していくのが一番。
と言うか、これはどのゲームにも当てはまるんだけど
ストライダー飛竜は、特に細かなボタン操作よりも
仕掛けを覚える方が先じゃないかな〜、そんな気がします。

アクションゲーム好きなら、一度はプレイしても損はないゲームでしょう。

 ☆ 裏技コーナー

・コンティニュー
ゲーム開始直後にグランド・マスターが上がっていく画面で
A、C、B、C、Aの順に押すと3回コンティニューができる。

・オプションロボットを消さない
二足歩行オプションを2つ取って、ヒョウ型オプションが出たら
ヒョウ型は取らずにわざとダメージを受け二足歩行オプションを消す。
次にヒョウ型オプションを取ったら、ヒョウ型が二足歩行に戻るまで待つ。
すると、オプションロボットが付いたままになる(消えない)。
ただし、飛竜が水中などに落ちて死ぬと消えてなくなる。



この記事へのコメント
これは名作!カプコンもすごいけど、それを気合でMDに持ってきたセガもすごいです!

「回転機能の無いメガドラ」でいろいろ回したりするなど、メガドラが悲鳴上げそうな傑作ですよね。

スライディングが気持ちよくて意味なくやったものです。
Posted by gunchang at 2009年04月20日 00:45
とにかく見せ方が上手いゲームだと思います。
意表を突くような仕掛けもあってプレイヤーを飽きさせない作りは秀逸。
総合的にみて100点はつけられないけど、当時は定価で買っても十分すぎるほど元が取れるゲームでした。

スライディングは確かに気持ちいいかも。
Posted by 管理人 at 2009年04月20日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。