ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ダイナマイト刑事(SS)


◆1997年度作品 ◆発売元 セガ
◆ハード セガサターン ◆ジャンル アクション

 テロリストに占拠された高層ビル!
  取り残されたVIPの人質たち!!
今までの物的損害140億ドルの男「 ブルーノ・デリンジャー 」と
SWATの隊長に就任したての「 シンディ・ホリデイ 」が現場に急行
事件解決にあたる3Dアクションゲーム。

2人同時プレイも可。
もちろん、刑事と書いて「 デカ 」と読みます。

dynamite-deka01.gif

危ない奴ほど、良く燃える。(取説より)
それにしても、ダイナマイトなデカって・・・・・?

 ゲームの基本は、カプコンの「 ファイナル・ファイト 」に代表される
ベルトスクロールアクションゲーム。
これを3D化したアクションシーン
画面の指示に従ってボタンを押すビジュアルシーン
映画「 ダイ・ハード 」をテレビゲーム用に
アレンジしたようなストーリーのムービーシーンの順に繰り返します。
全5ステージ。

 さて 普通だったら、はやる心を抑えて
ゲーム本編をプレイしたいと思うのが人情ですが
ひとまず「 ディープスキャン 」を先にプレイするのがオススメ。

dynamite-deka02.gif

1980年に登場したセガのアーケードゲーム。
駆逐艦から爆雷を投下して潜水艦を撃沈するだけの
レトロゲームらしくシンプルな作りです。
ミニゲームとして何気に収録されております。

では、なぜオススメかと言うと
ディープスキャンで得点を取れば取るほど
本編のダイナマイト刑事のクレジットが増えるからです。
何度もプレイしてたっぷりとクレジットを増やせば
少々本編でゲームオーバーになっても安心なのであります。

 次から、3つある本編のシーンを見ていきます。

1、アクションシーン。
本作のメインとなるステージで
高層ビルに侵入してテロリストたちと戦い倒します。

dynamite-deka03.gif

諸般の事情により、丸腰で敵地に乗り込んだ2人。
ボタン操作は、パンチ、キック、ジャンプだけですが
コマンド入力により出せる技が多く
前後へのダッシュ移動なども絡めて戦えば
多彩な攻撃バリエーションを誇るゲームへと変貌を遂げます。

また、現地調達ながら武器アイテムも実に豊富で
銃器系=ハンドガンや対戦車ライフルなど
ナイフ系=ナイフや斧など
棒系=デッキブラシや鉄パイプなど
投擲系=ドラム缶やイスなどなど
落ちてる物は何でも使えるってぐらい多いです。

2、ビジュアルシーン
ステージクリア後、次のステージへ移動中に発生するシーン。

dynamite-deka04.gif

途中で遭遇した敵にアタックするとか、危険を回避する時に
指示された「 ボタン 」を押す。
失敗すると敵と戦うことになったり、一方的にダメージを受けたりします。

3、ムービーシーン
本作のストーリーが語られるシーン。
黙って観るだけなので、何もすることはありません。

だけど、キャラクターの濃さと演技には注目すべし!?

dynamite-deka05.gif

「 一人や二人のSWATなどどうでもいい
   それより大統領の娘はどうした?」

人質の中にいるはずの大統領の娘
「 キャロライン・ヨーコ・パウエル 」の姿が見当たらない。
部下に探すよう命じるウルフ・ホンゴウ(ボス)。

で、当の大統領令嬢は・・・・・。

dynamite-deka06.gif

あまりにもブサイクなので
プレイヤーから「 助けたくない 」とまで言われた不遇のキャラクター。
なるほど、自分も思わず納得いたしました。

 今回ご紹介したダイナマイト刑事は、とにもかくにも
ストーリーだけでなくアクションシーンにも
笑いのエッセンスをタップリ振りかけられたゲームです。
多彩なアクションを持ち合わせているだけでなく
バカゲーとしても十二分に楽しめる一品になっております。
難易度は高めですが、ミニゲームのディープスキャンで
クレジットを稼いでおけば誰でもエンディングは拝めるでしょう。
(腕に覚えのある人は、いきなり本編へどうぞ)

モノがサターンのゲームなだけに
3Dグラフィックが弱く、見た目が荒いのが気になりますが
随所に見られるふざけたノリと言いましょうか
これこそ、セガの本領発揮、面目躍如!!
画面を所狭しと暴れまわる変なキャラ。
ププッと笑える変なシチュエーション。
いずれにしても、普通のゲームではありません。

セガテイストに溢れた、セガファン必見のゲームでしょう。

※ セガファンでなくても、ツボにはまれば楽しめること請け合いです。
  ただ、このノリに付いて来れなかったら、クソゲーに見えるかもしれません。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。