ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











スペースレイダース(GC)


◆2002年度作品 ◆発売元 タイトー
◆ハード ゲームキューブ ◆ジャンル シューティング

 円盤型の巨大宇宙船から降下したインベーダーを撃退せよ!
息詰まるような銃撃戦が熱いシューティングゲーム。

space-raiders01.gif

オープニングムービーの宇宙船が地上を攻撃するシーンは
さながら、映画「インデペンデンス・デイ」のよう。
再生時間も長く半端ではない力の入れようが
画面からひしひしと伝わってきます。

 さて、実はですね、最初に伝えておきたいことがあります。
予備知識なしにスペースレイダースのゲーム画面を見ると
3Dで構築されたステージ内を移動しながら敵を撃ち倒す
アクションシューティング、あるいは
アクションアドベンチャーに属するゲームに見えるでしょう。

しかし! 実際に本作をプレイすると
誰でも たちどころに分かりますが

間違っても、そのようなゲームではありません。

大昔に大ヒット!! 歴史に名を残した
とあるゲームがご先祖様なのであります。

せっかくなので、チョコッと登場していただきます。

space-invaders.gif

スペースインベーダー
レトロゲーム好きなら知らぬ者はいないタイトーの出世作。
当時、にわか作りのゲームセンターに
インベーダーの筐体がズラリと並んでいたのを思い出します。

ファミコンをはじめ、家庭用ゲーム機にも移植され
何度もリメイクを繰り返し現在に至ってますが
はてさて、初代インベーダーと比較して
今回は一体、どこが、どう変わったのでしょうか?

大まかに挙げると
 1、砲台から人間になった。
 2、奥行きのある3Dの立体空間になった。
 3、ライフ制 & アイテムによるパワーアップを取り入れた。
 4、シナリオに沿ってゲームが進む。
まぁ、こんなところかな。

本作のゲームモードは
ストーリーモードとサバイバルモード。
どちらを遊ぶにしても
能力の異なる3人のキャラから1人を選んでゲームスタートです。

1つのステージはいくつかのブロックに分けられていて
インベーダーを全滅させると次へ進み、最後にはボスと戦います。
また、1つのブロックごとにクリア時間に応じてボーナス得点を獲得可能。

space-raiders03.jpg

武器はメインショットとボンバー、スーパーウェポンの3種類。
ボンバーとスーパーウェポンは威力が強く頼りになるけど
サブウェポンアイテムの所持数が0になると使えません。

 本作がスペースインベーダーから継承したのは
左右にしか移動できない仕様のキャラ(自機)
攻撃を防ぐバリケードにもなるトーチカ(ドラム缶、自動車など)
画面を横切るUFO
これらを同様のスタイルで再現してます。

もしも、ここを変更してしまったら
インベーダーゲームではなくなってしまいますからねぇ。
絶対に残しておかなくてはならない部分でしょう。

 つまり、どんなに姿や形が変わろうとも
基本的なゲームシステムはスペースインベーダーと同じです。
なので、不幸にもソレを知らずに
近年、流行の3Dアクションゲームのつもりでプレイしようものなら
「 なんじゃ、こりゃ〜 」てな具合に
思いっきり肩透かしを食らって落胆するのは必至。
人によってはクソゲーのレッテルを貼るかもしれません。

だとしたら、それは勘違いであります。
インベーダーを今風に大胆かつ大幅にアレンジを加えた
リメイク物なので、その点をお間違えなきよう。

 グラフィックには ご先祖様の面影はなく
まったくの別物に見えるので要らぬ誤解を招きそうなスペースレイダース。
ゲームシステムが若干複雑になりましたが
それでも一般的な3Dアクションよりは単純です。

それもそのはず、シューティングゲームなのですから。

 本作の面白さは
複雑すぎないシステムによりシンプルな操作性から生み出される
シューティングゲーム本来の攻撃と避け。
(人間のキャラなので戦闘機とは違った操作のクセはありますが)
そして何よりも、ボスが繰り出す多彩な攻撃にあると思います。

space-raiders04.jpg

バリエーション豊かな攻撃パターンで楽しませてくれる
各ステージのラストに待ち受けるボスたち。
腕利きのシューターならハイスコアを狙ったプレイで盛り上がれるかもしれません。
暇つぶしに遊ぶには、けっこう良いですよ〜。

 しか〜し、このゲーム。
納得できない箇所も当然あります。

たった2つしかないゲームモード。
取って付けたような冴えないストーリー。
難易度の変更不可。
無制限のコンティニュー+死んだ場所で復活=誰でもクリア可能。

あくまでも個人的な好みですが、この辺りをですね〜
オプションで変更できるようにするとか
もう少し作り込んでも良かったのでは?

う〜ん、オープニングムービーで力を使い果たしたか・・・・・

なお、PS2版も発売されております。



この記事へのコメント
一瞬“ギャラガ88の続編?”とも思いましたがタイトーということは正式なインベーダーの続編なんですね。

、、、、、、しかしあまりにシンプルが過ぎる気も、、、、。

少し前、ゲームセンターにシューティングゲーム検定、という不思議なゲームがありましたが、あんな感じでもよかったのかな〜。
Posted by そうてん at 2009年03月13日 23:12
このゲームも知りませんでしたが、まさかインベーダーのリメイクとは…。サターンのバーチャルハイドライドみたいなもんでしょうか(違いますよね:笑)

それならコンティニュー無しにすべき…というのは無理な話でしょうか。こないだ紹介した銀魂の話がちょっと頭をよぎります。

グラフィックがきれいなのはいいんですけどね。ゲーム自体に力を入れてほしいです。

Posted by gunchang at 2009年03月14日 00:16
すんません、何かプレイ済みっぽいコメントになってしまいましたが、未プレイです(笑)シューティングゲーム好きとしてはプレイしておきましょうか♪
Posted by gunchang at 2009年03月14日 00:21
そうてんさん
撃つだけでなく自キャラを側転させて敵弾を回避させるアクションも加わり、若干アクション性が高まっています。
それでもインベーダーはインベーダーでしかありませんが。
ところでシューティングゲーム検定は知りませんでした。
どのように技能を検定するんでしょうか?興味が湧いてきました。

gunchangさん
ゲームシステムはインベーダーが基本なのでシンプルに成らざるを得ないのですが、ゲームモードやオプションにもう少し力を入れて作ってほしかったと切実に思います。

もしもプレイするとしたら、ゲーム自体が冗長でメリハリに欠ける部分もあるので過度の期待は禁物。
ハイスコアに挑戦するのも一興ですが暇つぶし用なら相応に遊べますよ。
Posted by 管理人 at 2009年03月14日 22:05
ゲーム名はシューティングラブ。2007といいまして、普通のシューティングゲームが1本と、シューテイング技能検定というゲームの二種類が遊べます。

技能検定は避けろ!!、とか撃ちまくれ!!、とかナイスボムれ!!、といったミニゲームを数種プレイした結果から、技能を年齢で表示してくれるという優れものです(笑)

確か360で出てるはずです。
Posted by そうてん at 2009年03月16日 16:42
ナイスボムれ!! これだけで何とも楽しそうな雰囲気が感じられるような?
自分が検定を受けたら高い年齢が出るのは確実でしょうけど、残念ながら箱がありません。
そろそろ買い時かな。
Posted by 管理人 at 2009年03月16日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。