ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











フレイCD サーク外伝(PCE CD)


◆1994年度作品 ◆発売元 マイクロキャビン
◆ハード PCエンジン ◆ソフト CD−ROM
◆ジャンル アクションシューティング

 マイクロキャビンのアクションRPG『 サーク(Xak)』の登場キャラ
「フレイア・ジェルバーン(フレイ)」が活躍する外伝的作品。

※ 本作の元となるサークI・II(2作収録)は日本テレネット
 サークIII はNECホームエレクトロニクスの手により
 PCエンジンへ移植、発売されました。

サークの主人公「 ラトク・カート 」に一目惚れしたフレイは
ラトクの役に立ちたい(一緒に旅がしたい)という動機から
魔導士学校へ通い始める。
厳しい修行に耐えぬき??晴れて卒業式を迎えたその日
愛しいラトクが誘拐事件に関与しているとの噂話を小耳にはさんだフレイは
真相を確かめるべく旅に出るのだった。

frayCD01.gif

こんな感じで始まる恋する乙女「 フレイ 」の
ファンタジックでコミカルなアクションシューティングゲーム。
とにかく明るくて元気だけが取り柄のラトク追っかけ少女。
ドジでナマイキな一面もあるけど憎めないキャラクター。

fray.gif

でも、やるときゃ〜やります・・・たぶん。

 ゲームの流れは
1.町や村での買い物やストーリーの進行。
   いやゆるRPG風ってやつですか、人口少ないですけど。
2.アクションステージでザコを相手に戦い先に進む。
   手持ちのロッド(武器)をメインに敵を蹴散らす。
   攻撃手段はシューティングが基本となってます。
3.ステージのボスと会話後、戦闘→撃破。
   ボス相手にタメ口を利く怖いもの知らず(世間知らず?)のフレイ。
   ボスを倒せば1ステージクリア、ライフの最大値が1つアップ。
この繰り返しになります。

フレイCDサーク外伝に登場するアイテムは
ロッドや盾、スクロールマジック(魔法)、回復アイテムなどがあり
イベントアイテム以外は、宝箱に入ってたり店で買うことで入手。
もちろんロッドや盾は、順次 強力なのに買い換えます。

 なお、パッと見た印象では
アクションロールプレイングの体裁を保ったゲームなのですが
ロールプレイングの要素は少ないですね。
フレイの移動とジャンプのアクション
そして、メインウェポンであるロッド(杖)から飛ぶ魔法の弾。
この事から、個人的に本作を
アクションシューティングゲームとしました。

アクションRPGと呼べなくもないのですが・・・・・。

frayCD03.gif 

 縦スクロールのアクションステージで
攻撃手段はシューティングとマジックによる全体攻撃。
ジャンプは動く床から動く床への移動だけでなく
敵弾の回避にも使えます。
つまり、ボタン操作のタイミングに
フレイの命が懸かってます。
ジャンプのミスで嫌というほど落ちました〜。

ジャンプで渡っていくのはタイミングがムズイけど
敵キャラの攻撃に関してはパターンさえ掴めば
割と楽な方だったりします。
なので難易度はボチボチ、そこそこってところであります。

 また、各ステージの敵の配置は、とりあえず敵が置いてあるみたいに
あまりヒネリが感じられず、やや単調。
しかし、フレイCDのセールスポイントは
キャラクターとストーリーだと思います。

思い込みが激しく常に暴走気味な性格のフレイが
危なっかしくも激走していく様は
見ていて楽しい気分になってきます。
音声で喋るキャラ、何となくふざけたストーリー。
当時は笑える部類に入るゲームでした。

まぁ、だとしても
肝心なアクションステージの練り込み不足が否めないため
ストーリーの部分で楽しめないと辛いゲームになりそう。
人によっては多少なりと中途半端に感じるかもしれません。

 そうそう、このゲームにはチョッとショボイんだけど
縦スクロールシューティングステージもあるんですよ。

frayCD06.gif

オプション装備、ショットのパワーアップ
バリア、スピードアップなどの
シューティングステージだけのアイテムが出現します。
ちょっとした気分転換にはなるかも。
 



この記事へのコメント
このあたりの時代ってパソコンゲームの中にエロ以外で萌え要素を過分に意識した作品が多く出ていたような気がします。

ただ、その手のゲームに関しては“キャラクターが話す”という事を実現することが可能なPCEというハードが最適だったんでしょうね〜。
Posted by そうてん at 2009年02月13日 10:36
CD−ROMの容量を活かすため?キャラクターが話したり、ビジュアルシーンを盛り込んだりが当たり前になっていたPCエンジン。
その中でも萌えキャラの魅力でプレイヤーを悩殺しようと目論んだ??ゲームがコレでしょう。
なのでキャラに魅力を感じなければ「なんじゃこりゃ〜」と言われそうな気がします。
Posted by 管理人 at 2009年02月13日 21:07
マイクロキャビンてタバコでなかったでしたっけ?笑
Posted by ふじおか at 2009年02月14日 17:54
そんな名前のタバコがあったような・・・・・キャビン、キャビンマイルド・・・私はコレでタバコをやめました。
コレって何だろう?(笑)
Posted by 管理人 at 2009年02月14日 21:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。