ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











カスタムロボ バトルレボリューション(GC)


◆2004年度作品 ◆発売元 任天堂
◆ハード ゲームキューブ ◆ジャンル ロボットアクションRPG

 ロボットのパーツを交換してカスタマイズさせ
3Dのバトルフィールドで戦うアクションがメインのゲーム。

戦いで入手したパーツを集めて
プレイヤーが思うがままにロボットをカスタムしちゃう。
だから、カスタムロボ(そのまんま)なんですね。

ストーリーに沿ってゲームが進行するシナリオモードと
COMを相手に全8戦のアーケードモード。
それと、1〜4人まで参加できる対戦モードで熱い戦いを楽しもう。

 ※ 取扱説明書には
 「 ロボットアクションRPG 」と明記されてるけど
 ロボやパーツはレベルアップしません。
 シナリオモードも対戦(バトル)以外は、どちらかと言えば
 移動と会話シーンが繰り返されるアドベンチャーゲームのノリです。

 集めて楽しいカスタムロボで重要なパーツには
ボディパーツ このボディに以下のパーツを取り付けます。
ガンパーツ  銃、発射後の隙が大きいのが多いけど主力兵器。
ボムパーツ  ミサイル系、対戦相手を爆風に巻き込め。
ポッドパーツ トラップ系、追尾したり、待ち伏せたりと様々。
レッグパーツ 速度やジャンプ力などの機動性をアップ。
これらの5つには個性的な多くのパーツがあって
シナリオモードで戦い続けることでゲットできます。

 バトル前にカスタマイズ画面で
取得したパーツの中から各種のパラメータも参考にしつつ
装備したいのをチョイス。
パラメータは、攻撃力やスピードなど
種類に応じてイロイロあり。

custom-robo01.gif

カスタマイズが終了したら試し撃ちモードで
使いやすさを判断してからバトルに移行しよう。

 本作のメインモードであるシナリオモードは
「 旅立ち編 」と「 激闘編 」の2つからなります。

父の遺言でバウンティハンターとなった主人公と仲間たちが
謎の組織ゼクスとの戦いを経て世界を救うまでを描いた旅立ち編。
移動した先々で会話とバトルを交互に行います。
会話は一部に選択肢があるものの一本道のストーリーで
主人公たちの成長と共に、プレイヤーも成長できるようになってます。
つまり、チュートリアル(ゲームの遊び方を解説)も兼ねている訳です。

主要キャラの3人。
左から「 マーシャ 」、「 ハリー 」、「 主人公 」
主人公の名前は自分で考えて命名すべし。

custom-robo05.gif

ストーリーは、さほど目新しい所もなく
使い古された定番のような展開だけど
各キャラクターの性格付けもしっかりしてるし
ボケとツッコミもなかなか板についてる感じなので
プレイしていて安心感(あるいは安定感)があります。

 肝心なバトル画面はこちら。
斜め上からの見下ろし画面になっております。

custom-robo02.gif

バトル形式は、1対1だけでなく
2on2(4人対戦)、2対1のハンディキャップ戦
タッグ戦(1人で2体のロボをを交代で使える)あり。
ロボが小さく見えるため迫力に欠けますが
装備している武器の特性(射程距離や弾道など)を考慮しながら
障害物を盾にしたり、ジャンプやジャンプからの空中移動を使い分け
戦略を考えながら戦うのがカスタムロボの面白さでありますよ〜。

一方、激闘編は
一応ストーリーはあるけど、もっぱらバトルを繰り返すのが基本。
強力なパーツをゲットしつつ高得点を狙ってみたいものです。
得点はバトル終了時に
ロボの残りヒットポイント多く
勝利した時点での残り時間も多くて
負けた回数が少ないなどの
好成績を収めれば点数が高くなります。


 さて、取得できるパーツも、そこそこの数があり
パーツ集めも楽しみの一つになりえるカスタムロボ。 
パーツの組み合わせ次第で
戦いやすくもなり、戦いにくくもなるゲームです。
いろんなパーツを使ってみて自分が扱いやすい組み合わせを
いくつか見つけておかなければいけません。
もちろん、対戦相手の装備しているパーツや
地形も考慮すればもっと良い結果が期待できます。

ただ、そこまでやるのは面倒くさがる管理人なので
ついつい大雑把にプレイしがちであります。

それでも、連敗し続けると対戦相手のヒットポイントが
25%ダウン、50%ダウン、75%ダウンと
ハンデを付けた状態を選べるようになるもんですから

少々下手にやっても、なんとかなってしまうのです
(ただし、このままでは激闘編で高得点は取れませんが。)

 バトル画面が小さくてチマチマした感じだし
時々、自分の操作しているロボを見失ったりもしましたが
そこは戦略性でカバー(帳消し)できていると思います。
やり込み要素もあるので
パーツを交換しながら戦い方を考えるのが苦にならなければ
ある程度は長く遊べるゲームでしょう。

 ところで
「 画面に映し出されてるロボが小さいのはイヤじゃ〜。」
そんな時には、こんなのもありますよ。

カスタムロボの目線で戦える視点。

custom-robo03.gif

常にロックオンしているので対戦相手を見失う事はないけど
周囲が見渡せないので状況を把握しにくいのが難。
気分転換にはいいかも。



この記事へのコメント
PC98のロボクラッシュってやつを思い出しました。

男心をくすぐるゲームですよね(^。^)
モロガンダムにそっくりなのを作ったりしません?笑
Posted by ふじおか at 2008年12月20日 18:11
どちらかといえば子供向きのゲームだけど男心をくすぐる要素はあります。
もう少しパーツが多ければ集め甲斐があるんだけどなぁ。
それとロボの外観はボディパーツでほとんど決まるから
ガンダムにソックリにはできないんですよ〜、残念です。
Posted by 管理人 at 2008年12月20日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。