ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











コナミ ワイワイワールド(FC)


◆1988年度作品 ◆発売元 コナミ
◆ハード ファミコン ◆ジャンル アクション&シューティング

 コナミから発売されていた数多くのゲームの中から
有名なキャラクターたちが一堂に集結!!
あれもこれも、みんな良く知ってるゲームが多く
優良なゲームソフトをリリースし続けてきたからこそ
多種多様なゲームキャラの夢の共演が現実となり実を結んだ
アクションがメインのファミコンソフト。

 世界征服の野望に燃える大魔王ワルダーに
6人のコナミヒーローたちはとっ捕まってしまう。
シナモン博士の協力を得たコナミマンとコナミレディーは
彼らを助けるために立ちあがるのだった。

とりあえず、このようなストーリーに沿って
隠しキャラから主役に昇格したコナミマンと
ワイワイワールドのオリジナルキャラ、コナミレディを操作して
6つのステージにチャレンジです。
なお、2人同時プレイも可能で
パスワードをメモしておけばコンティニューできます。

wai-wai-world01.gif

各ステージに1人ずつコナミのゲームキャラが捕まっており
助け出すと使えるようになります。
なので助ければ助けるほど戦力アップ!!
ただ、最初からどのステージでも行けるのですが
各キャラの持っている特性を使わないと
先に進めないようになっているので
ある程度は攻略の順番は決まってしまいます。

そして、最初の6つのステージをクリアして
キャラが8人揃うとシューティングステージへGO!
そこを突破すると最終ステージが待ち受けているのでした。

 では次に、アクションステージのキャラクター紹介。
 
コナミマン 本作の主人公、平均的な能力の持ち主。
コナミレディ コナミマンのパートナー、ゲームの開始時から使える。
ゴエモン 江戸ステージ。
 宝箱を開ける能力を持つ、最初に助けたいヒーローの一人。
シモン キャッスルステージ。
 ドラキュラシリーズでお馴染みの鞭使い、2番目に助けておきたい。
マイキー 港町ステージ。
 グーニーズから出張、背の低さを適宜利用しよう。
フウマ 地獄ステージ。
 月風魔伝より参戦、ブロックを壊す能力を持つ。
コング 都会ステージ。
 キングコングより、ジャンプ力がある。
モアイ 怪獣ステージ。
 グラディウスの敵キャラが何故かヒーローに。

 ステージはこんな感じ。
コナミマンの勇姿を見よ・・・って、歩いてるだけですが。

wai-wai-world02.gif

 シューティングステージ。

ビックバイパー  グラディウスの高性能戦闘機。
ツインビー ツインビーの主力戦闘機、腕2本付き。

ファミコン全盛時代からのユーザーなら
知った名前が多いことでしょう。
コナミキャラのオンパレードといった感じです。

※パスワードをメモした紙切れは、当然のごとく紛失してまして
 これまた当然のごとく時間の関係から
 シューティングステージはご覧いただけません。

その代わりにコナミレディでご容赦を。

wai-wai-world03.gif

悪しからず。

 ゲームシステムは、よくあるライフ制で
その時の状況に応じてキャラクターチェンジします。
使用の際には弾丸を消費するけど
各キャラクター専用の武器アイテムをゲットすると飛び道具が使えます。
武器も状況に応じてチェンジです。
また、ライフ回復、弾丸などのアイテムもいくつかあります。

アクション面は横スクロールで
階段を上り下りすると、それぞれ上下に画面が切り替わります。
悪魔城ドラキュラと同じタイプと言った方が分かり易いかな。
シューティング面は縦スクロール。
レーザーなどの武器アイテムやオプションにバリアなど
見覚えのある物が多いです。


 さて、コナミワイワイワールドは
コナミキャラ総出演?! 的なイメージのある
アクション、シューティング両方楽しめるゲーム。
キャラクターを救出して人数が増えてくれば
多少なりと人数に任せて力押しもできなくもないけど
やはり慎重な操作なしではクリアは難しいでしょう。

いやらしい敵の攻撃には
戦うにしろ逃げるにしろ十分に注意するでありますよ〜。

随所にキャラクターの個性を使い分けてのプレイが必要になりますが
少し考えればどのキャラを使えばよいか分かるので、その点は苦労しません。
要は敵の攻撃パターンの解析と自キャラを使いこなせるかでしょう。
そこそこに頭も使いますし
適度にプレイヤーを悩ませてくれる手頃な難易度。
大勢のキャラをに囲まれてワイワイガヤガヤと賑やか。
ファミコンゲームにしてはバラエティに富んだ内容だと思います。

 当時、ものすごくハマったゲームなんですよ。

今見ると古臭いかもしれませんが
優良ソフトである事に間違いありません。
時間さえあれば、もう一度やりこんでみたいものです。



この記事へのコメント
これは間違いなく優秀作品ですよね〜。

リアルタイムの時は従兄弟とプレイしていたのですが、普通のステージではコングの取り合い、シューティングステージではビッグバイパーの取り合いになっていました(笑)

シューティングの方は、取れなかった方が倉庫を出て行くのでゲームが進まなくなってしまい、リアルでの協議が開催されるのがいつもの流れでしたね。
Posted by そうてん at 2008年12月12日 10:57
2人同時プレイで熱く燃え上がった在りし日の思い出ですね。
一人でも十分すぎるぐらい楽しく遊べたから買って損はありませんでした。
もちろん連射コントローラの力も借りて楽させてもらってましたが。
Posted by 管理人 at 2008年12月14日 20:16
とおりすがりのものです。
昔覚えたパスワードが今でも忘れられず、
書き込みしました。

ホヘタヲイ ロチモアヘ スメテマ

これでシューティングステージにいけます。
よかったらやってみて下さい。
Posted by とおりすがり at 2009年07月14日 00:14
情報ありがとうございます。
さっそくパスワードを入れてやってみました。
発進シーンがカッコよすぎです。
Posted by 管理人 at 2009年07月14日 21:25
初めまして、私は子供の頃良くやっていましたがどうしても自力でクリアできず投げたゲームですが、再購入しリベンジしました(^_^;)
Posted by ネコ at 2009年11月08日 21:38
無事リベンジを果たされたようで何よりです。
これで胸の痞えが取れたのではないでしょうか。
Posted by 管理人 at 2009年11月09日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110855748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。