ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











プリクラ大作戦(SS)


◆1996年度作品 ◆発売元 アトラス
◆ハード セガサターン ◆ジャンル アクション

 アトラスの対戦格闘ゲーム「 豪血寺一族2 」から出場を果たした
「 クララ 」が主人公のアクションゲーム。
クォータービュー視点の全5ステージ構成で
アクションシューティングに近いゲームでもあります。

ストーリーは
クララの故郷、魔法の国ミラクルワールドが襲撃され
王女ウララ(クララの姉)が連れ去られた。
修行のため地上界に降りていたクララは
祖国の危機に敢然と立ち向かうのであった・・・・・みたいな。

つまり、クララは魔法少女なのであります。
あるいは、魔女っ子って呼んだ方が良いですか?

ちなみに、ゲームタイトルにあるプリクラは
プリンセスクララの略であり
「 プリンセスクララ大作戦 」が正式名称って事でしょう。
プリント倶楽部の略称ではありませんので、お間違いのないように。
でも、こちらと引っ掛けているんでしょうねぇ。

purikura-daisakusen01.gif

キャラセレクト画面で
「 クララ 」、双子の妹「 キララ 」
半獣の姿にされたウララの恋人「 グレイ 」の3人の中から
お好きなのを選んだらゲームスタート。
クォータービューならではの
斜め上から見下ろし視点のステージで
戦いの火蓋が切って落とされるのでありました。

 攻撃手段は3タイプ。
・魔法のステッキから発射される弾を撃ち込む、ショット
アイテムを取れば、ショットのスピード、威力をアップ。
ショット方向を固定できるロックショットを併用すれば
キャラの進行方向に関係なく、一定の方向に撃ちまくれます。

・大きなハンマーを振り下ろす、アタック
魔法のステッキが一瞬にしてハンマーに。
ショットよりも高い攻撃力を誇るけどリーチが短く
扱いには慎重さも必要とされます。

・キャラクタの背後に付き従うピュアエッグが撃ちだす、ボム
敵を倒す時に、ショットで倒して動物を救出
またはアタックで倒して宝石をゲット。
これらを規定数取ると、取った内容によりピュアエッグが変化します。
変化(進化)は、全部で10種類。

それに、ダッシュ移動&ダッシュ攻撃を上手く利用して
難局を乗り切っていきます。
ちなみに、ジャンプはできません。

プリクラ大作戦の操作は、大体こんな所です。

 さて、もう少し補足しておきましょうか。

 ショットを撃ちまくるクララ。

purikura-daisakusen04.gif 

星型の弾を敵に食らわせてる最中です。
クララの左側にいるのが、ピュアエッグがフェアリーに変化したもの。
ロックショットで撃ち続けると
ゲーム的には、ほぼシューティングゲームのノリになりますね。

 ハンマーを振り下ろすキララ。

purikura-daisakusen05.gif

敵に接近しないと当たらないのがミソ。
間合いの取り方を間違うと痛い目に遭いますぞ。
また、箱などをぶっ壊すのにも重宝します。

 一応、もう一人のキャラ グレイ。

purikura-daisakusen06.gif

ギャルじゃないので説明は省略させていただきます。

 最後にプリクラ大作戦の感想を。

パッケージのイラストは男心をそそる何かがあり
ギャルゲー好きな管理人には目の保養・・・じゃなくて
つい、目に留まったゲームなのでした。
しかし、ゲームのプレイ中は
さほど目に留まる物は無かったような?!

取ったアイテムにより幾つかの変化パターンを持つ
オプションのピュアエッグは目の付け所は良いのだけど
それも含めて全体的に派手さ控えめ。
アーケードモードしか遊べないってのも実に寂しい。
キャラクター紹介なんて暇つぶしにもならないし
ステージ数だってもっと欲しいぞ。

スーパーキャラに変身できるアイテムにしたって
取った瞬間に変身するのではなく
取ったら自分の好きなタイミングで変身できるようにするとか
ゲームシステムを一部変更した
サターンモードみたいなのが欲しかったなぁ。

ゲーム自体は普通よりも
チョッと下ぐらいに(微妙に)遊べるデキではありますが
プレイヤーが満足感を十分に得られるまで至ってない。
満足度30%減(当社比)って感じでしょうか(笑)
そんなに悪くはないんですよ、悪くはないんだけど
イマイチ パッとしない印象を受けたのも事実。

アトラスさん、惜しい!!



この記事へのコメント
アーケードの豪傑寺一族はババアでプレイしていましたので娘に用はありませんでした(笑)

このゲームもアーケードでは確認しましたがこの手のゲームでキャラクターに愛情がなければ、、、、、、微妙でしたね。
Posted by そうてん at 2008年09月20日 18:28
キャラクターは、とりあえず可愛ければ良い ぐらいしか思ってないので
個人的には、イマイチ ノリが悪かったです。
キャラに惚れ込んでいる人がプレイすれば
また違った感想もあるとは思いますが・・・・・。
Posted by 管理人 at 2008年09月20日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。