ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











電池を外したら どれ位の時間でデータが消える?


 ゲームソフトをプレイした途中経過を
一発でメモリーに保存できたバッテリーバックアップカセット。
長ったらしいパスワードを書き写したり
入力する労力から開放された嬉しさも
もはや遠い過去の思い出となった感があります。

またカセット以外でも、ゲーム機本体のメモリーに
ゲームのデータを保存できる機種もいくつかありましたねぇ。
これらのメモリーは揮発性なので
電気が流れていないとセーブしたデータが消えてしまうのは
多くの方が承知の事実だと思います。

 そこで!! 以前から抱いていた疑問。

「 電気が流れなくなったら何時 消えるのか? 」

この答えを知りたい欲求が沸々と湧き上がってきましたので
早々に実験する事にいたしました。

つまり、電池を外してデータが消えるまでの時間を
おおまかに計測しようというのが今回のネタになります。
(忙しい人は太字の所だけでも読めば、とりあえずOK。)

 実験に参加してくれたのは
セガサターン、スーパーファミコンカセット、ファミコンカセットの御三方。

それでは、年代が新しい順に登場願いましょう。

 ☆ 第1の被験者 セガサターン

実験に使用したのは
通称白サターンと呼ばれた後期型のセガサターンです。
本体後面にあるフタを取り外し
電池ソケットの+と−の金具につないだコードを
スイッチ付きの電池ボックスへ。
ちなみに、赤いコードが+、黒いコードが−になってます。

battery00.jpg

 時間を計測する手順はこうです。
・サターン本体の電源を切る。
・電池ボックスのスイッチを決められた時間OFFにしてからON。
・サターンの電源を入れて、バックアップメモリを確認する。
これを、電池ボックスのスイッチを切っている時間を
少しずつ延長しながら繰り返します。

こうやって、単3アルカリ乾電池2本を搭載した
電池ボックスのスイッチを切ったり入れたりしながら
その時間をストップウォッチで計測しようという魂胆です。

さぁ、この条件で実験を開始したいと思います。

ただし、実際には
スイッチを切って電気を遮断していた時間は
人的な都合によりコンマ何秒かの誤差が生じております。

計測時間は2秒単位とし
2秒、4秒、6秒、といった具合に
2秒ずつ時間を足してスイッチを切る時間を長くしてみました。

 2秒 ○ データは消えていません。  
 4秒 ○ 以下同文
 6秒 ○ 上に同じ
 8秒 △ 内蔵時計の日付と時間だけ消えた。
10秒 × 内蔵時計とセーブデータ両方消失。

省略して電気の切断時間を6秒から再計測します。

 6秒 △ 内蔵時計の日付と時間だけ消えた。
 8秒 △ 内蔵時計の日付と時間だけ消えた。
10秒 △ 内蔵時計の日付と時間だけ消えた。
11秒 × 内蔵時計とセーブデータ両方消失。

10秒でデータが消えなかったので、1秒足して計測。
バラつきが出てるので、少し時間を置いてから3度目の正直!!
最初から計りなおしてみた。

 2秒 ○ データは消えません。  
 4秒 ○ 消えてない。
 6秒 ○ 異常なし。
 8秒 △ 内蔵時計の日付と時間だけ消えた。
10秒 △ 内蔵時計の日付と時間だけ消えた。
11秒 × 内蔵時計とセーブデータ両方消失。

 ◎ この結果から判断すると
サターンのリチウム電池を取り外すと
約10秒でセーブデータは跡形もなく消えてしまうようです。

サターンのバックアップメモリに記録されたデータは
電池を外すと秒殺されると考えてもよさそう。

ただし、特定の条件で行った実験なので参考程度に止めておこう。


 ☆ 第2の被験者 スーファミカセット

時間を計るには、サターンと同様に前準備が必要。
スーファミのバッテリーバックアップカセットを分解して
電池ボックスのコードをゲームの基板に半田付け。
赤いコードが+、黒いコードは−。
ちなみに、使用したカセットは
「 モンスターメーカー3 光の魔術師 」です。

battery01.jpg

電池ボックスのスイッチはONにして
リチウムコイン電池は取り外そう。

次に、基板のままスーファミ本体に差し込む。

battery03.jpg

すると、こんな感じになります。

 時間を計測する手順はこうです。
・スーファミの電源を切る。
・電池ボックスのスイッチを決められた時間OFFにしてからON。
・スーファミの電源を入れ、コンティニューを選び
  セーブデータが消えずに残っているか確認する。
これを、電池ボックスのスイッチを切っている時間を
少しずつ延長しながら繰り返します。

 まずは、計測時間を2秒単位で増やしてみます。

 2秒、4秒、6秒、8秒、10秒、・・・・・・・・
・・・・・・・18秒、20秒・・・・・・・
・・・・・34秒、36秒・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・58秒、1分。
全くデータが消える気配すら感じさせないですね。
実に頼もしい。

1分を過ぎたあたりから5秒間隔でプラスしてみました。
1分5秒、1分10秒、1分15秒・・・・・
・・・・・・・2分30秒。

もう10秒間隔で時間を増やしてもよくないですか。
(時間掛かるし、めんどくさいし〜)
2分40秒、2分50秒・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・4分。
まだセーブデータが消えないですねぇ。
サターンのバックアップメモリとはえらい違いです。

次は15秒間隔でお願いします。
4分15秒、4分30秒・・・・・・・・・・5分。

いっそのこと30秒間隔でスイッチを切ってる時間を延長しよう。
5分30秒、6分・・・・・・・・8分・・・・・
・・・・・10分30秒、11分・・・・・・・・。
いつまで続くのでしょうか?
いい加減に消えて欲しいと、本気で思うようになってきましたぞ。

こうなりゃ誰が何と言おうと
1分ずつ時間を足していきますよ〜。
12分、13分
そして、ついに運命の14分。
スーファミカセットのバックアップデータが消失!!
とうとう長い戦いに終止符を打つ・・・・・訳にもいきません。

一旦カセットに、新たなるデータをセーブした後
2回目の測定を行います。
今度はデータが消えた時間の少し前から
30秒間隔で時間をプラスして実験再開です。

13分、13分30秒、14分
そして、14分30秒でデータは消えました。

最後にもう一度、さらに少し前から3回目の時間測定いきます。
12分、12分30秒、13分、13分30秒
そして、また14分でデータが消えてしまいました。

 ◎ この結果から判断すると
スーファミカセットのリチウム電池を外すと
約14分でセーブされていたデータは消えるようです。

と言うことは、半田付け等の作業に慣れた人なら
この時間内に電池交換を済ませることも可能でしょう。
つまり、以前プレイしたセーブデータを消さずに残せます。

ただし、他のスーファミカセットでも
同じ時間データが消えずに持ちこたえる保障はありません。
あくまでも、「 モンスターメーカー3の基盤 」を
「 単3乾電池 」を使い
「 スーファミ本体に差したままの状態 」で
実験した結果なのですから。

ちなみに、スーファミ本体の電源を入れたままにして
電池ボックスのスイッチをOFFにして
約20分間放置したけど、データは消えませんでした。
本体の電源が入ってさえいれば消えないようです。

 さて、これらを目の当たりにして
目から鱗と申しましょうか、驚愕の新事実!?
「 サターンと同様に短時間で消えるだろう 」と
思い込んでいた管理人に、強烈なボディブローを打ち込み
目を覚まさせてくれました。

そんな感じで、チョッピリ痛かった、もちろん時間的にも。


 ☆ 第3の被験者 ファミコンカセット

ファミコンのバッテリーバックアップもやってしまおう作戦です。
前準備としてカセットを分解し
電池ボックスのコードをゲームの基板に半田付け。
赤いコードが+、黒いコードは−。
ちなみに、使用したカセットは
「 ドラゴンクエストIV 導かれし者たち 」です。

とうとうメジャーなタイトルまでモルモットに・・・・・。

battery11.jpg

スーファミの時と同じ要領で行います。

 時間を計測する手順は
・ファミコンの電源を切る。
・電池ボックスのスイッチを決められた時間OFFにしてからON。
・ファミコンの電源を入れ、ぼうけんをするを選び
  セーブデータ(ぼうけんのしょ)が消えていないか確認する。
これを、電池ボックスのスイッチを切っている時間を
少しずつ延長しながら繰り返します。

なお、ファミコンのバッテリーバックアップは
電池切れ以外の理由でも消えたりするので
「 ぼうけんのしょ 」は、3冊用意する事にします。

 手始めに、イキナリ5分から計測します。
次にスイッチを切る時間を10分にしても、データは消えません。

よしよし、スーファミでの経験が生かされていますね。

そろそろ1分単位で時間を増やそうかな。
11分、12分・・・・・・・・・・19分。

おやおや、まだ消えないじゃないですか。
ゴキブリのようにしぶとい生命力ですぞ。
時間が掛かるばっかりだから
2分ずつ増やしてもバチは当たらないですよね。
21分、23分・・・・・・・・31分。

アハハハッ、(;´▽`A`` 疲れた〜
スーファミの2倍超えてる。
神父さんに「 よくぞもどられた 」と声を掛けられるのもうんざり。

33分・・・・・まだ生きとる。

そして、ついに35分の断食が変化をもたらしてくれました。
デロデロデロ〜ンと不気味なメロディが聞こえ
「 おきのどくですが
   ぼうけんのしょ 1ばんは
     きえてしまいました 」
続いて、ぼうけんのしょ 2ばんも消えたのです。

ぼうけんのしょ を作りなおし3冊にして計測再開。
36分後やっと、セーブされていたデータは全滅しました。

気を取り直して、1分単位で2回目を実施します。
データが消え始めたのは
34分 ぼうけんのしょが1つ消える。(再度、ぼうけんのしょを作る)
35分 ぼうけんのしょが1つ消える。(再再度、ぼうけんのしょを作る)
36分 ぼうけんのしょが2つ消える。(再再再度、ぼうけんの・・・)
37分 ぼうけんのしょが2つ消える。(再再再再度、・・・)
38分 全滅、所持金を半分にされ教会へ強制送還? 違うじゃん。

なんとまぁ、長寿なのでしょうか、この野郎は。
ストップウォッチ片手に頑張るのにも限界があるんだぞ〜。

もとい、ファミコンのバッテリバックアップは
電気を失ってからの寿命が長いんですね。
本当にビックリしましたよ。

 ◎ この結果から判断すると
ファミコンカセットのリチウム電池を外すと
約34分でセーブされていたデータは消えるようです。
30分以上無傷で生きながらえるとは
こちらの予想を遥かに上回る元気のよさに完敗しました。

ただし、他のファミコンカセットで試しても
同じ結果が得られるとは保障できません。
あくまでも、ドラクエIVの基盤を使い
電源を切ったツインファミコンに差した状態での
実験結果にすぎないのですから。

 ※ 追伸
翌日、再度5分おきに時間を計測したら
なんと! 25分でぼうけんのしょが2つ消えました。
念のためもう一度計ると、25分でぼうけんのしょが1つ消えたのです。
同じカセットでもデータが消えるまでの時間に
大きな差が出る場合があるのでご注意を


 つまり、今回の記事に書かれている
データが消えるまでの時間は
一つの目安にしかならないと
考えるのが妥当ではないかな〜と思います。




この記事へのコメント
すげえ!よくこんな事思いつきましたね!
そして最後までやり切れましたね!!

しかし、ファミコンが1番長持ちとは…
Posted by gunchang at 2008年08月24日 23:20
PCエンジンの天の声って
電池抜いたら全部セーブデータ消えて
泣いた記憶が…
Posted by Ish at 2008年08月25日 13:10
gunchangさん
スーファミとファミコンのカセットが予想以上に長持ちしたおかげで
時間が掛かりすぎて死にそうでしたよ。
結局、自分で自分の首を絞めたような格好になり参りました。

Ishさん
電池を取り除いたら遅かれ早かれ消えますからね。
泣きたい気持ちは良〜く分かりますよ。
Posted by 管理人 at 2008年08月25日 19:51
ドラクエだと「 おきのどくですが
   ぼうけんのしょ 1ばんは
     きえてしまいました 」
というメッセージが出る時点で、そのデータが存在していたという情報が残ってるということですよね。
このメッセージが出ずに消滅した時点で本当にデータが消えたと言えるのではないでしょうか…。
Posted by るぃ at 2008年08月26日 12:52
すごい、、、、、

こんなアレな企画を決行するのはsergeantさんを置いて他にありません。

いや〜疑問を直ちに行動に移されるその姿勢、何かの折には見習わせて頂きたいと思います(笑)
Posted by そうてん at 2008年08月26日 15:29
るぃさん
このメッセージが出ているのは、データの一部が消えた(または破損)しているからです。
この状態は
ぼうけんのしょが全て消え、メッセージも何も出ない状態でゲームが起動した36分(1回目の計測値)の直前で発生しています。

これは電池を外したのが原因なのは間違いありません。
セーブしたデータは一部でも失うと使い物ならないので、それを伝えるメッセージが「おきのどくですが・・・・」ですね。
全部消えても一部消えても結果は同じで使えない訳ですし
使えないデータなら、全部消えたのと変わりはないと思います。

そうてんさん
疑問だからって、後先考えずに行動を起こしたのは失敗だったかも?
サターンと似たような物だろうから楽勝だと思ったのもつかの間。
ゲームカセットのしぶとさに大幅な時間超過。
途中で止める訳にもいかず、アリ地獄に落ちてもがいてるアリの気分を味あわされるような日々が続きました。
Posted by 管理人 at 2008年08月26日 21:13
うおっ!!凄いですこの行動力!
そして改めてファミコンに惚れましたw
Posted by 二条ジョウ at 2008年08月30日 21:24
リセットボタンを押したまま電源を切るのがセオリーだったファミコンカセット。
ヤバイぐらいしぶとかったのは誤算でした。
でもそこに惚れるのも分かる気がしますよ。
Posted by 管理人 at 2008年08月30日 22:47
オモロな企画ですべて読みこんでしまいました。
Google検索結果から来ました。
Posted by はんやん at 2012年10月30日 20:03
これやった時は、検証に時間がかかりすぎて死にそうになったのが良い?思い出です。
Posted by 管理人 at 2012年11月01日 18:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105231799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。