ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











エアロダンシング(DC)


◆1999年度作品 ◆発売元 CSK総合研究所
◆ハード ドリームキャスト ◆ジャンル フライトシミュレーション

 航空自衛隊の曲技飛行チーム『 ブルーインパルス 』。
航空ショーなどのイベントで
観客を大いに沸かせてくれるパイロットたちの
命を懸けた華麗で高等な操縦は、素晴らしいの一言に尽きます。

で、今日 紹介するゲームは
アクロバットな飛行技術を習得しちゃいたい人の為の
フライトシミュレーション
「 エアロダンシング featuring Blue Impulse 」です。

 本作はドリームキャストのゲームソフト内だけに限らず
やや珍しいタイプのゲームに入るかと思います。
元航空自衛隊パイロットの監修により
ゲームのバランスは、あくまでもシミュレーション寄り。
戦闘機を操縦する点では、操縦方法も含めて
ナムコのエースコンバットに代表される
フライトシューティングゲームと同じだけど
空中戦などの戦闘はいっさいありません。

メインのゲームモードであるブルーインパルス・ミッションでは
離陸や旋回などの基礎訓練から始まり
編隊飛行、そして曲技飛行へと順次ステップアップしていきます。
一つ一つの訓練メニューをこなしていけば
プレイヤーが気付かないうちに操縦技術をマスターできる?
・・・・・ようになるかもしれない。
とにかく合格点に達するのが肝心。
ここでは鬼教官にみっちりしごいてもらう事になります。

aero-dancing01.gif

コックピット視点と後方視点。
さらに、後ろにグッと引いた視点に切り替えれば
編隊飛行時に僚機が見えるのでプレイしやすいな〜。

 さて、フライトテクニックを磨くのが主目的の
ミッション内容をいくつかピックアップ!
↓ に ご注目ください。

aero-dancing03.gif

曲技飛行はもちろん、編隊飛行だってそう簡単にはいきませんよ〜。

飛行訓練は全部で20種類と、少なめな気がしますが
先に進めば技術的に難しい物ばかり。
そう簡単にはクリアさせてくれません。

それでは、ブルーインパルス・ミッションの中から
一つ選んでプレイしてみようかな。

aero-dancing04.gif

コークスクリュー
なんとなく、いいネーミングですよね。

プレイヤーは、僚機の周りを2回転半した後
編隊を保ったまま、左に旋回して離脱する技です。
でも、これだけだと
どんな飛行をするのか、イマイチ ピンとこないだろうと思い
GIFアニメで作ってしまいました。
ブリーフィングでの説明画面がこちら。


aero-dancing.gif

なるほど、これですね。
早速、やってみましょう。




結果がこちら。


aero-dancing06.gif

ブランクが長かったとはいえ
ものの見事に墜落死してしまいました。
今の管理人の腕では これがお似合いって事のようです。

 また、その他のゲームモードには
ステージ内のターゲットを順番に通過していく
スカイ・ミッション・アタック。
自由気ままにフリー・フライト。
最大4人参加できるマルチプレイの4つのモードあります。
これらは、失敗しても教官の怒号が飛ぶ心配もなく
その分、精神的に楽かと思います。


 エアロダンシングはフライトシミュレーションでありながら
シリーズ化されPS2版まで製作された息の長い作品。
記念すべき第1作である本作は、登場する機体も少なく
ボリューム的にも寂しい所はあるものの
航空機を操る楽しさに焦点を絞った佳作と言えるでしょう。

機体数を増やしネット対戦に対応した エアロダンシングi や
訓練の形だけど、空中戦も可能にした エアロダンシングFの方が
当然グレードアップしているので
比べてしまうと1作目は物足りないのは確実。

しかし、戦うだけのゲームとは違った切り口の
フライトシミュレーションも、やってみるとなかなか楽しめるもの。
己の操縦技術を鍛えるシリーズ物の原点が本作なのであります。



この記事へのコメント
こんなゲームもあったんですね〜

一瞬SFCのパイロットウイングみたいなものかと思いましたが、画面を見ると違う方向に進化しているようで、面白そうです。

DC、良い機械だと思うんですけどね(笑)
Posted by そうてん at 2008年08月18日 13:20
ここだけの話、スカイ・ミッション・アタックモードがパイロットウィングス風な所があるんですよ〜。
それにしても、DC自体は悪い機体ではなかっただけに今でも惜しい気がします。
Posted by 管理人 at 2008年08月18日 20:12
ドリキャスも面白そうなゲームいっぱいありますね〜。
フライト系はパソコンで良くやっていましたが、PS2でも出ているなら久しぶりにやってみようかな〜。
Posted by 二条ジョウ at 2008年08月19日 00:00
フライト系のソフトは航空機の操縦を手軽に楽しめるのがいいですよ。
まるでパイロットになったような気分に浸れます。
男のロマンと呼ぶべきでしょうか。
Posted by 管理人 at 2008年08月19日 21:00
PS2版のエアロダンシング4はやった事があります。ドリームキャストは持ってないので、このタイトルはやった事がないんですが、シリーズ中で一番難しいという噂は聞きますね。

この紹介を読むと、やっぱりシビアみたいですね。そのシビアさも特徴の一つなんでしょうか。
Posted by 回るスイッチ at 2008年08月25日 23:07
編隊飛行で僚機の動きに合わせるのが難しく感じました。
上昇や旋回のタイミングのズレや、距離が開くほど減点されてしまいます。
そういった所は、シビアといえるかもしれませんが
合格点を取りさえすれば良いのなら多少のズレは大丈夫。
逆に満点に近い高得点を狙おうとしたら、かなりシビアな操作を求められるのは確かです。
Posted by 管理人 at 2008年08月26日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。