ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











タイムギャル(MCD)


◆1992年度作品 ◆発売元 ウルフチーム
◆ハード メガドライブ(メガCD) ◆ソフト CD-ROM
◆ジャンル アクションアドベンチャー

 LD(レーザーディスク)を使用したタイトーのアーケードゲームを
日本テレネット傘下のウルフチームがメガCDに移植。

タイムギャルの異名を持つ「 レイカ 」は
タイムマシンを奪った悪党「 ルーダ 」を追い
時空の彼方へ 今、飛び立つ!!
待ち受けているのは、過去から未来までの全16ステージ。

・・・てことで、このタイムギャルは
DVDビデオが普及する以前に流行っていた
動画再生マシンのレーザーディスクで作られたゲームなのです。
従って、全編アニメーションで作られております。

ちなみに、ヒロインのレイカを演じているのは
声優の山本百合子さん。(北斗の拳のユリアなど)
メガCDオリジナルのオープニングテーマソングまで歌ってます。

 ゲームシステムですが、単純明快の一言に尽きます。

time-gal01.gif

アニメーション(動画)が再生されるので
画面の上下左右にあるタイムボール(丸いヤツ)が点灯したら
方向ボタンを同じ方向に、間髪いれずに押す。
4つ共点灯したら、A〜Cのいずれかのボタンを速攻で押す。

制限時間内にボタンを押せたら、敵の攻撃を回避成功!
そのまま次のアニメーションに進行します。
時間内にボタンを押せなかったらミス。
やられてしまったら、その場面ごとに
レイカのやられパターンのアニメが見られます。

また、A〜Cボタンを押した時
3つの選択肢を選ぶ画面になる場合があります。
正解は1つだけ、間違った選択肢を選ぶとミスになります。

time-gal03.gif

と、まぁ、たったのこれだけ
なんとシンプルなゲームなんだろう、これ。

 点灯したタイムボールを見てから
ボタンを押すまでのタイムリミットは、コンマ何秒ってぐらい。
つまり、初めてプレイするステージでは
反射神経が物を言うってことですね。

しかし、ボタンを押す順番は決まっているから
覚えてしまえば何とかなるでしょう。
だだし、ステージによっては、時々左右が反転するから
この場合は左右を逆にボタンを入力しなければいけません。
ここだけが要注意ですかねぇ。

あとは、集中力と記憶力の勝負です。
ただ近年、両方共欠けてしまったがため
だんだんゲームに付いて行けなくなったのが辛いです・・・・・。

 さて、結局
入力したボタン(成否も含めて)に応じて
再生させる動画を切り替えてるだけのゲームなので
飽きるのが早くなるもの止むを得ないのですが
レイカのやられパターンが豊富に揃っているのが
一つの救いになっている感があります。

プレイヤーがミスしてやられた時は
瞬時にデフォルメキャラに変化します。
これが、けっこう、カワイイと言うか面白いんですねぇ。
レイカの死に様が見たくてプレイしたくなるゲームに
成りえるんじゃないかと思います。

 岩に押し潰されるレイカ。

time-gal05.gif

これは痛い。

しかし、ミスをするたびに
この男 ルーダの笑い声が聞こえる。

time-gal06.gif

ゥワッ ハッハッハ〜。

 恐竜のでかい足で踏まれるレイカ。

time-gal07.gif

またもや この男が。

time-gal08.gif

ゥワッ ハッハッハ〜。

 恐竜に食われるレイカ。

time-gal09.gif

この野郎の笑い声が響く。
よほど嬉しいらしい。

time-gal10.gif

ゥワッ ハッハッハ〜。

 原始人に捕まり為す術もないレイカ。

time-gal11.gif

性懲りもなく笑い続ける男 ルーダ。

time-gal12.gif

いい加減にしてくれ〜。
 ミスするたんびに出てくるんじゃないっ。
  お前の顔なんか見たくもないわい。

・・・・・と、思ったところで どうしようもないです。
また、LDよりも画質が低下しているのだって
どうしようもない事実ですけどね。

このように単調なゲームだけど、レイカの人柄?のおかげで
不思議と和んでしまうギャルが主人公のゲーム
それがタイムギャルだと言えます。
この辺りを楽しむ事さえできれば
それなりに暇つぶしになるんじゃないかな。

 ※ タイムギャルと同じLDゲームの仲間
   忍者ハヤテ、サンダーストーム、ロードブラスター。

メガCDが無くてもノープロブレム
プレステとサターンで
タイムギャル+忍者ハヤテ
サンダーストーム+ロードブラスターが発売されてますので
興味のある方は探してみましょう。

その中で、やっぱりタイムギャルが一押しですぞ。

 それでは、そろそろお別れの時間が来たようです。
今回は、ちょっと珍しい過去の遺物
LD(レーザーディスク)ゲームの紹介でした。
ごきげんよう、さようなら。



この記事へのコメント
こう言ったゲームを見ると、
プレイディアが浮かんできます。
あと、サターンのエヴァとかナデシコとかみたいなシンプルゲームもw
とりあえずルーダ見たさにやりたくなってきますねコレw
Posted by 二条ジョウ at 2008年07月10日 00:44
さほど考える必要もないシンプルなゲームなので気晴らし程度にプレイしてました。
ただ、どうせ見るならレイカの方が良いと思いますよ(男の本能に従いましょう)。
Posted by sergeant at 2008年07月10日 19:13
一度だけゲームセンターでみたことがありました。
あった場所がボーリング場でしたので、流石にコイン投入は出来ませんでしたが(笑)

一度やってみようかな〜、と思っていたらそのボーリング場が閉鎖してしまったの懐かしい思い出です。
Posted by そうてん at 2008年07月11日 10:44
ボーリング場が閉鎖される前にプレイしておくべきだったのでは?
その点が悔やまれます。
PSやSSで発売されてはいるけど、激安だったので話のネタとして買おうかな
みたいな理由でもない限り誰も手に取らないだろうなぁ。
Posted by 管理人 at 2008年07月11日 20:25
メガCDで発売されたタイムギャル、北米、欧州で発売されたのパッケージは…、なんだか違和感ありのパッケージ。アメコミ調のキャラと化しているレイカ…。もしゆみみみっくすが北米、欧州でも発売されていれば北米・欧州で発売されたタイムギャルのパッケージのようにパッケージがアメコミ調のゆみみや桜子、りえちゃん、真一、部長が登場していたかも…。

たしかタイムギャルや忍者ハヤテだけじゃなくて同じタイトー社からは宇宙戦艦ヤマト、SEGAからはアルベガスという版権作品を使用したLDゲームがありますが、どちらもMCDにもSS&PSにもPCにも移植されていません。出来ればWII Uに移植してほしいなぁ…(前者は松本零士&西崎義展さんの作品、後者は東映動画のロボットアニメの作品)。
Posted by マイケル村田 at 2012年11月17日 14:28
アメコミ調のゆみみ・・・興味がわいてきますよ、怖い物見たさで。

今のゲーム機の性能なら美麗なグラフィックでLDゲームを再現できるんですけどね。
操作が複雑なゲームを敬遠する層には案外ウケたりして。
Posted by 管理人 at 2012年11月18日 17:05
私自身ドラゴンズレアしか知らなかったので、少し興味がわきました。中古で売っていたら買おうと思います。
Posted by Ket at 2014年01月01日 22:28
元々出回ってる数が少ないのか、地元ではあまり見かけないゲームですが
ネットで地道に探していればいずれ見つかるかと思います。
・・・値段の方も心配ですけど。
Posted by 管理人 at 2014年01月05日 20:55
タイムギャルや忍者ハヤテ、バットランズのミスシーンは結構コミカルなシーンが多めのミスシーンですが、タイムギャルのミスシーンで一番、有名なのはB.C.65,000,000ステージの最初のミスシーンこそが一番の見せ場かな…。後ろからスーツの下半身を恐竜にかじり取られ、赤面してしゃがみこむレイカのミスシーンは結構、わざとミスる人が多かったと思うが…。
Posted by マイケル村田 at 2015年02月19日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。